双書ジェンダー分析<br> 「少女」の社会史

個数:

双書ジェンダー分析
「少女」の社会史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月26日 22時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326648788
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C3336

内容説明

少年少女雑誌の分析を通じて、近代日本における「少女」という表象の成立とその受容過程を解明する。

目次

「少女」と都市新中間層
1 「少女」の誕生とその変遷(「少女」の誕生―少女雑誌以前;「少女」の身体の変遷;近代家族と「少女」;「少女」の成功)
2 「少女」の受容(少女ネットワーク;エスという親密な関係;「子ども」のジェンダー)

著者等紹介

今田絵里香[イマダエリカ]
1975年京都府生まれ。2004年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位取得退学。京都大学博士(人間・環境学)。現在、日本学術振興会特別研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「子ども」でも「少年」でもない「少女」は近代に生み出された。「少女」創出期から敗戦までの日本における「少女」イメージの変遷を、少女雑誌を題材に分析する。

「少女」とは都市新中間層の女子であった。学校教育制度が「少女時代」という時間を創出し、少女雑誌がそれにイメージを与えた。「少女」という表象の歴史的変遷を、少女雑誌の内容構成と読者の受容過程から考察し、「少女」の社会的機能を解明する。従来一枚岩に捉えられていた「子ども」に、ジェンダー要素が付加される過程を描く。


序 章 「少女」と都市新中間層

1 少女研究の課題
2 都市新中間層の女子
3 少女雑誌

Ⅰ 「少女」の誕生とその変遷

第1章 「少女」の誕生――少女雑誌以前
1 子ども雑誌『穎才新誌』
2 「少年」の意味するもの
3 ジェンダーの変容
4 少年・少女
5 少年少女雑誌の登場
6 メリトクラシーとジェンダー

第2章 「少女」の身体の変遷
1 ヴィジュアル・イメージ
2 母親に守護される少女・勉強とスポーツをする少年
3 幼女ではない少女・勉強とスポーツをする少年
4 スポーツをする少女・軍国少年
5 軍国少女・軍国少年
6 「少女」のヴィジュアル・イメージ

第3章 近代家族と「少女」
1 家族と少女
2 親には絶対服従
3 近代家族的な情愛に裏打ちされた孝
4 孝から近代家族的な情愛へ
5 近代家族的な情愛の下で立身出世する
6 「国家」と忠の選択
7 子どもと「少女」

第4章 「少女」の成功
 1 女性の成功とはなにか
 2 属性主義の排除
 3 成功の条件
 4 実現困難という装置
 5 スターの排除
 6 「成功」の異なる意味合い

Ⅱ 「少女」の受容

第5章 少女ネットワーク
 1 少女ネットワークの形成
 2 ネットワークの機能
 3 核としての清純主義・芸術主義
 4 成員の証としてのペンネーム
 5 「少女」バッシング
 6 コミュニティの解体
 7 清純主義・芸術主義

第6章 エスという親密な関係
 1 エスと文字世界
 2 『少女の友』における友情小説の流行
 3 『少女画報』の「薔薇のたより」
 4 エスとはなにか
 5 対抗文化としてのエス
 6 「薔薇のたより」における裏切り
 7 エスと少女ネットワーク

終章 「子ども」のジェンダー

参考文献・資料・図版
分析雑誌一覧
あとがき
人名索引
事項索引
初出一覧