角川文庫<br> 三大陸周遊記 (3版)

角川文庫
三大陸周遊記 (3版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 344p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784043017010
  • NDC分類 292.09
  • Cコード C0198

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ikedama99

6
ようやく読了。しばらく読みかけのままで放置していましたが、意を決して?再開。インドにはいるまでは、イスラム圏のためか旅も順調に思えるが、後半のインドから元への行程は、何やらおどろおどろしい世界が見える。(インディジョーンズ 魔宮の伝説 のイメージか?)地図もあまりはっきりしない。また、モロッコに戻った後にはスペイン南部でまだ続いていたイスラム圏をも回っている。移動した距離ならマルコポーロを超えるのではと思う。これの完訳を読みたいような・・でも大変そうだ。当時の旅の大変さを改めて認識した。2019/05/18

ヨックモック

2
ラジオの登場が、現在多くの人がイメージする”国“を作ったと聞いた。電波で首都から届けられる同国語の情報がリアルタイムで共有されてはじめて、文化は均質化した。TVとネットによって、世界は同質化への道をひた走っている。14世紀、国どころか街と街すらも素晴らしい極小の文化圏を持ちつつも世界が心地よく混ざり合っていたこの時代の世界を旅した者こそが、人類史上もっとも充実した旅行者であり冒険者だったのだろうと感じる。自分がバットゥータに抱く感情は、羨望であり嫉妬ダ。きっとこの頃の世界は今よりずっと色鮮やかだっただろう2018/09/05

ひろ

1
★★★☆☆。マルコポーロに近い時代(14世紀初め)に、彼よりも長い距離を旅したイスラム教徒(現代のモロッコ)の旅行記。700年近く昔だが西はスペイン、東は中国まで世界は当時からグローバル化していたということを思い起こす。当時のエジプトやペルシャ(イラン)観も現代と大きく変わっていないようで興味深い。2021/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/239519

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。