角川文庫<br> ゲット・ショーティ

角川文庫
ゲット・ショーティ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 441p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784042692027
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

「おれの目を見ろ」の一言で相手をすくみ上がらせるマイアミの高利貸しチリ・パーマーは、飛行機事故で死んだ男の遺族から金を取り立てることになった。ところが、男は死んでいなかった。手に入れた保険料を元にラス・ヴェガスで大儲けをし、ロス・アンジェルスに高飛びしていたのだ。チリはマフィア顔負けの悪が跋扈するハリウッドに足を踏み入れた。そして、ひょんなことから借金を抱えた映画プロデューサーと組んで一山当てることになるのだが…。巨匠レナードが描く、最高にクールな悪党たちのハリウッド・ドリーム。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

289
この小説は、ガーディアンの必読1,000冊の中にあって、ドストエフスキーなどとも並置されているのだが、およそそれらの対極にある作品だ。そのあり方のすべてが、きわめて大衆小説的(けっして貶めて言うのではない)であり、ギョーカイ的である。小説の舞台がラスベガスを経て、ロスアンジェルスに落ち着くのも故なしとはしない。映画に関する薀蓄(というよりは、もっとサラッと語られているが)をさりげなく鏤めながら、シナリオのごとくにプロットは進行してゆく。登場人物たちのキャラクターも、彼等相互の関係もまた映画的というべきか。2016/04/19

ケイ

126
全くどんな内容か知らずに読む楽しさを味わった。最初のチリ・パーマーとレイ・ボーンズとのやりとりからは、もっとドンパチとか報復の応酬などを想像していたが、あれれ、話はそこへいくのかと。登場人物達は、みんな一筋縄ではいかない人ばかりなのに、どこか滑稽で憎めない。この作者の他の作品では、描かれ方に不満だった女性ならではの性格の柔らかさが、ここではすごく魅力的に見えた。キャレンの台詞がどれも、ふわふわしているようでも彼女なりのテオリーが感じられてすごく好き。いいキャラといえば、ベアも最高。こういうの、好きだなあ。2016/10/22

NAO

83
ブルックリンの高利貸チリが訳あってハリウッドに。映画愛が高じて、映画製作への思いを抑えられなくなる。まったくの無能なプロデューサー・ハリーといい、業界の裏で行なわれていることといい、この作品には、映画業界に対する痛烈な批判が込められている。業界を痛烈に批判しながらも、この作品には、映画愛が溢れている。売れないプロデューサーに自分のアイディアを切々と語るチリ、『ラヴジョイ』への執着を語るキャットレット、チリとキャットレットがどちらの方が映画に詳しいかを競い合うシーンなど、たまらなく面白い。2021/03/12

セウテス

80
〔再読〕大の映画鑑賞好きで高利貸し、中々クールでスマートな主人公チリ・パーマーの物語。最初は借金を遺して死んだ男の家族から取り立てる話、しかし男が実は生きていてロサンゼルスで成功していると分かる。取り立てに向かうのだが、いつの間にかハリウッドにて映画製作の物語に。作者の経験が描かれている様で、ハリウッドの女優や業界人を巻き込んでの、どたばた劇となる。ハリウッドを皮肉っている様でもあり、映画大好きを地で行った様にも感じる。様々な伏線が、最後に集束するのは巧いと思うが、結局アメリカはカッコいいと云いたい様だ。2018/09/11

ねりわさび

18
エンターテイメント業界に憧れる高利貸しにトップスター達とシンジケートの殺し屋たちが三つ巴になり展開するドタバタサスペンス。未見ながらトラボルタ主演で映画化された事でキャストのイメージが大変つかみやすかった。レナードの文体が劇中の脚本とシンクロする描写はコミカルなのだけれど、少し文章のリズムを悪くしている感がありました。2019/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/427280

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。