角川文庫<br> 旅涯ての地〈下〉

電子版価格 ¥604
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
旅涯ての地〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 415p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041932070
  • NDC分類 913.6

内容説明

“山の彼方”に辿り着いたマッダレーナと夏桂は司教ベルナルドを訪れ、イコンを差し出した。その中には、『マリアによる福音書』が隠されていた。これこそ、カタリ派が探し求めていたものだった。イエスの真の言葉がヘブライ語で書き記されているこの書が、ローマ教会の手に渡り、闇に葬りさられる前に、司教はラテン語への翻訳を急がせた。しかし、その衝撃的な内容を知った司教は倒れ、大子ジュリアーノまでが、異端審問官への密告で火刑に処される。夏桂がもたらしたイコンが、一つの村を、揺るぎないはずの信仰を、崩壊させてゆく…。荘厳な歴史ロマン大作。

著者紹介

坂東真砂子[バンドウマサコ]
高知県生まれ。奈良女子大学住居学科卒業後、イタリアで建築とデザインを学ぶ。82年、第七回毎日童話新人賞、96年『桜雨』で第三回島清恋愛文学賞、97年『山妣』で第一一六回直木賞受賞。現在、タヒチ在住

出版社内容情報

夏桂が手にしたイコンは、キリスト教の異端・カタリ派のものであり、それはキリストの「聖杯」でもあった。夏桂は、謎の女伝導士に導かれ、信者達の住む「山の彼方」へ。しかし、「聖杯」がもたらし真実とは・・・。