角川文庫<br> 桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク

個数:
電子版価格 ¥561
  • 電書あり

角川文庫
桃―もうひとつのツ、イ、ラ、ク

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月22日 02時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 302p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041835159
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

近畿地方の田舎町。長命商店街の娘、田中景子は、京美の“グループ”に入りたくてたまらなかった。“可愛い女子のグループ”に。Jみたいな子が入れて、なぜ自分は入れないの?私とJは何が違うの?同級生Jへの嫉妬に苛まれながらも、初恋にときめいたあの頃を景子は回想する。「青痣(しみ)」。『ツ、イ、ラ、ク』のあの出来事を6人の男女はどう見つめ、どんな時間を歩んできたのか。表題作「桃」を含む6編を収録。

著者紹介

姫野カオルコ[ヒメノカオルコ]
1958年滋賀県生まれ。青山学院大学文学部卒。画廊事務を経て、90年、コメディ小説『ひと呼んでミツコ』が初の単行本。『よるねこ』収録の「探偵物語」が日本推理作家協会の2002年『ザ・ベストミステリーズ』に選ばれ、97年『受難』、04年『ツ、イ、ラ、ク』、06年『ハルカ・エイティ』が直木賞候補となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)