角川文庫<br> 家族の時代

電子版価格 ¥572
  • 電書あり

角川文庫
家族の時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 349p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041804131
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

49年連れ添った両親が離婚を宣言。が、これからも生活は今までどおりだという。息子、娘たちは理由がさっぱりわからず、それぞれの家族を含めて、大騒ぎに。どうやら、長年世話になった家族同然の女性に遺産を分けるためらしいが…。それぞれの思惑と愛情が交錯して、意外な結末にたどり着く。読売新聞夕刊に連載したユーモアあふれ暖かみのある家庭小説の文庫化。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かしまさ

3
いろんな建前でもって、みんな自分の都合で動くんだよね結局、なんて思ってたらまさかの展開。こんな人もいるんだなぁ。泣けた。2016/01/05

あんぐる

1
両親が突然、49年間の夫婦関係の解消を発表。訳のわからない子どもたち(とはいえみんな大人)は大騒ぎ。厳密には家族ではないけれども、物語に欠かせないキャラクターの瑞穂さんが、とにかく恩義を忘れず筋を通すできた人物。自分なりに小説を読んできたなかでもこれだけの人物はちょっといなかったと、感動。2012/04/27

のり お

0
言い具合に軽くて、面白い。少し、感動もしたりして。プロポーズを断った後のシーン、好きでした。家族って、財産や思いや生き方なんかを次へ受け渡して行くんですね。2013/07/08

ミカママ

0
向田邦子脚本のTVドラマを観ているよう。さくさく読みやすく、結末もちゃんと倫理にのっとりOKという感じ?2012/03/08

kthk arm

0
79冊目。どこにでもあるような家族のゴタゴタ話のつもりで読むけど、結構裕福な一家の話なんだよなぁw2020/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/465559

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。