角川文庫<br> 濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖

電子版価格 ¥583
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 372p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041643174
  • NDC分類 913.6

内容説明

マッチポンプ誌、ブラックジャーナリズムなどと揶揄されながらも、企業の弱みにつけ込んでひたすらカネをせしめる「取り屋雑誌」。その経営者が「取り屋」である。『帝都経済』主幹の杉野良治は、企業紹介本の出版や映画事業、ゴルフ会員権事業にまで手を広げ、企業に出資や賛助金を強要して、「取り屋」としての本領を遺憾なく発揮していく。しかも熱烈に信仰する新興宗教への入信を社員に強要、振り回されてきた周囲の忍耐も、ついに限界に達していた。政財官の癒着の狭間に寄生したフィクサーの実態を暴き、日本企業の闇を活写した力作長編経済小説。

著者紹介

高杉良[タカスギリョウ]
作家。1939年生まれ。著書に『生命燃ゆ』『広報室沈黙す』『金融腐蝕列島』などがある