角川スニーカー文庫<br> 語学留学に来たはずの貴族令嬢、なぜか花嫁修業ばかりしている

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

角川スニーカー文庫
語学留学に来たはずの貴族令嬢、なぜか花嫁修業ばかりしている

  • 提携先に29冊在庫がございます。(2024年05月20日 14時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 260p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041149201
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「絶交です。大嫌いです! 二度と私に顔を見せないでくださいね!」「分かったよ。もう会わないようにしよう」
 イギリスの学校で親しくなった久東聡太とアメリア・リリィ・スタッフォード。楽しい時間を過ごす中、聡太から日本に帰ることを聞いたリリィは怒りだし喧嘩別れしてしまう。
 それから半年後、リリィは聡太の高校に留学し、さらに彼の家をホームステイ先に選んでいた。突然の再会とリリィとの同棲生活に戸惑いながらも聡太が「何しに日本へ?」と問いただすと、頬を赤らめたリリィから「はなよめしゅぎょう、です」と告げられて……。

内容説明

「絶交です。大嫌いです!二度と私に顔を見せないでくださいね!」「分かったよ。もう会わないようにしよう」イギリスの学校で親しくなった久東聡太とアメリア・リリィ・スタッフォード。楽しい時間を過ごす中、聡太から日本に帰ることを聞いたリリィは怒りだし喧嘩別れしてしまう。それから半年後、リリィは聡太の高校に留学し、さらに彼の家をホームステイ先に選んでいた。突然の再会とリリィとの同棲生活に戸惑いながらも聡太が「何しに日本へ?」と問いただすと、頬を赤らめたリリィから「はなよめしゅぎょう、です」と告げられて…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

30
留学先のイギリスの学校で親しくなったリリィと喧嘩別れしたまま、日本に帰国した久東聡太。半年後、リリィは聡太の高校に留学し、さらに彼の家をホームステイ先に選ぶ青春ラブコメ。突然再会したリリィとの同居生活に戸惑い、リリィの目的が実は花嫁修業だと聞いてさらに深まる困惑。イギリス時代は恋人同士認識していたリリィと、友人だと思っていた聡太という根本的な認識のズレが埋まらないまま、聡太をからかう美聡を意識して、すれ違いや負けず嫌いが加速する2人の関係。意外と難易度が高そうですが、聡太にいかに気づかせるのか続巻に期待。2024/05/01

真白優樹

14
イギリス留学中に仲良くなった貴族令嬢と喧嘩別れした少年が、彼を追いかけて留学してきた貴族令嬢と再会し始まる物語。―――恋人として、求めて。友人として、求めて。 恋人と思っているからこそぐいぐい来る貴族令嬢に、友人と思っているからこそ振り回される物語であり、割とドタバタの強い中にぐいぐい頑張るヒロインの魅力が詰め込まれている物語である。まだ気づかぬ、すれ違ったままの二人の関係への認識。いつかそれが明らかになる時、そこにはどんな展開が待っているのだろうか。この先のイベントとは。 次巻も勿論楽しみである。2024/05/02

leo18

7
留学先で喧嘩別れしたはずの女の子リリィが日本へ留学してきてホームステイすることに。これはラブコメとしてもうひとひねり欲しかったかな。聡太が鈍感の域を超えていてリリィがかわいそうになってくる。2024/05/07

rotti619

7
イギリス留学先で久東聡太が仲良くなったアメリア・リリィ・スタッフォードから、別れ際に絶交と言われたのに「はなよめしゅぎょう」と称して留学にやってきた、というすれ違い系のお話。ミドルネームで呼ぶことを許すのは家族=婚約と捉えてた彼女からすると帰国を選択した聡太は許せないかも知れないが、1年後に帰る事を最初から言っていた彼からすると、解せぬ気持ちはわからなくもない。この意外とポンコツで人の話を聞いていないリリィの性格がオチで盛大に使われる所は中々面白かった。日本語になると舌っ足らずになるところも良い。2024/05/03

sao

6
読了。2024/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21871590
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。