角川文庫<br> 好きでも嫌いなあまのじゃく

個数:
電子版価格
¥770
  • 電書あり

角川文庫
好きでも嫌いなあまのじゃく

  • ウェブストアに244冊在庫がございます。(2024年05月20日 15時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041148655
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『ペンギン・ハイウェイ』『泣きたい私は猫をかぶる』のスタジオコロリド映画ノベライズ!
まだ言えないけど、たぶん、ぼくは君が好き――。

誰かに必要とされたいけれど、どこかでいいように使われてしまう繊細な少年・柊。季節はずれの雪が降った夏――夏祭りの帰り道に、柊はバス停で困っている少女・ツムギに出会う。いつものお人よしから行く場所のないツムギを家に招き入れた柊だったが、その夜突然、「鬼」に襲われてしまう。実はツムギ自身も鬼の世界からやってきた少女で、彼女は幼い頃に生き別れた母親に会うために、東北にある神社を目指してやってきたらしい。誰かに必要とされたいと願う柊は、ツムギの旅に同行し……。

内容説明

山形県に住む高校1年生の八ツ瀬柊は、頼みごとを断れず自分の気持ちを押し殺してしまう性格。季節外れの雪が降った夏、柊は少女・ツムギを助けたことで不気味な面の化け物に襲われる。しかも、ツムギの額には角があり、彼女は行方不明の母親を捜すため人の世界へ来た鬼だと言う。そして、柊のように本音を隠す人間は、鬼になる、とも。柊はツムギの母捜しを手伝うことにするが―。アニメをもっと楽しめるノベライズ版!

著者等紹介

岩佐まもる[イワサマモル]
1999年「ダンスインザウインド」で第4回スニーカー大賞優秀賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。