角川ホラー文庫<br> 警視庁呪詛対策班―出向陰陽師と怪異嫌いの刑事

個数:
電子版価格
¥902
  • 電書あり

角川ホラー文庫
警視庁呪詛対策班―出向陰陽師と怪異嫌いの刑事

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2024年05月30日 15時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041145012
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

法の上では存在しないものである「呪詛」や「呪術」は、それがどれほど悪辣なものであっても決して罪に問われることはない。だがもしも呪法や憑物、生霊といった加害者が存在する超常現象に、本当に人を害する力があったとしたら、善良なる被害者は泣き寝入りするしかないのか? そんな理不尽に対抗するため非公式に設立されたのが『警視庁呪祖対策班』--通称「呪詛対」。怪しい響きの通り、警察署でも知る人ぞしる組織だ。家屋の敷地に勝手に(呪いの)土器を埋めた者がいれば、家宅不法侵入並びに器物損壊罪。閉じ込めた蛇に共食いさせ蠱毒を仕掛ける者がいれば、動物愛護管理法違反。怪異を憎むがゆえ、霊的なものを受けつけず、怪異嫌いの堅物刑事の大場と、宮内庁より出向中の元陰陽師刑事の芦屋(と式神の白猫の小春)のバディが、「呪法の悪用」を見抜き、事件として立件!

内容説明

「呪詛」や「呪術」がどれほど悪辣なものであっても罪に問われることはない。だがもし呪法や憑きもの、霊を悪用した犯罪者がいたら?それらに対抗するため非公式に設立されたのが『警視庁呪詛対策班』。怪異を憎むがゆえ呪術的なものを打ち消してしまう堅物刑事の大庭と、宮内庁より出向中の陰陽師刑事の芦屋(と白猫の小春)のバディが呪法の悪用を見抜き、超常現象による事件を現行法で解決するオカルトミステリ!

著者等紹介

竹林七草[タケバヤシナナクサ]
1976年生まれ。2011年、第6回小学館ライトノベル大賞で優秀賞を受賞し『猫にはなれないご職業』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジンベエ親分

19
警視庁内の呪詛対策班という、「お堅い官公庁内のオカルトに関与するセクション」という意味では、幽冥推進課シリーズと同じような設定なのだけど…。いや話そのものは面白い。面白いのだけど、あの爆笑と号泣のツボを同時押ししてくるような幽冥推進課シリーズと比べるのはちょっと酷かなぁ。最近は精力的に幽冥推進課シリーズに替わる作品を模索しているような、次作があることが前提のような作品を出版し続けている著者なのだけど、オカルト案件を最終的には現行法で対応する落とし方とか面白いのだけど…幽冥推進課シリーズも再開してよー(笑)2024/04/29

ドットジェピー

5
面白かったです2024/05/06

ゆん

3
祈祷師が庭に埋めた呪物は不法投棄になるのか? 座敷童のために改築した部屋は違法建築になるのか? 呪いの手段に犬を使うのは動物愛護法違反になるのか?  呪術や呪詛は犯罪として扱われない日本。では呪うまでの過程を法律で罰することは可能なのか?という着眼点からの物語展開が面白かった。 2024/05/07

へへろ~本舗

3
呪いや怪異に対し現行法のどの法律を使いどんな理由で逮捕状を出すのか、検事の花ちゃんが出てきてから面白くなってきた。2024/05/07

あずとも

3
法の上では存在しないものである「呪詛」や「呪術」による犯罪を法で裁くオカルトミステリ。完全なオカルト案件を現行法で対応していくやり方が面白い。幽冥推進課シリーズとはまた違う感じ。2024/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21872995
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。