角川文庫<br> 営繕かるかや怪異譚〈その2〉

個数:

角川文庫
営繕かるかや怪異譚〈その2〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041124406
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

両親と弟が鬼籍に入り、かつて花街だったという古い町並みにある町屋の実家に戻ってきた貴樹。貴樹が書斎として定めた部屋はかつて弟が使っていた部屋だった。何気なく、書棚に立てかけられた鏡をずらしてみると、柱と壁に深い隙間があった。そしてその向こうに芸妓のような三味線を抱えて座るはかなげな着物姿の人影が見えた。その女と弟の死には関係があるかもしれないと探すうちに、貴樹がその女を見ずにはいられなくなり――。(「芙蓉忌」より)
他、「関守」「まつとし聞かば」「魂やどりて」「水の声」「まさくに」の全6篇を収録。
解説は織守きょうや氏。 2019年、第10回 山田風太郎賞最終候補作。

内容説明

両親と弟が鬼籍に入り、かつて花街だったという古い町並みにある町屋の実家に戻ってきた貴樹。彼が書斎として定めた部屋の書棚に立てかけられた鏡をずらしてみると、柱と壁の深い隙間の向こうに芸妓のような三味線を抱えて坐る儚げな着物姿の人影が見えた…(「芙蓉忌」)。夕暮れの闇が迫る中、背戸に立つ袴を着た鬼が、逃げようとする佐代の肩を掴み―(「関守」)。城下町の情緒が漂う怪談、全6篇。

著者等紹介

小野不由美[オノフユミ]
大分県中津市生まれ。京都大学推理小説研究会に所属し、小説の作法を学ぶ。1988年作家デビュー。『残穢』は13年第26回山本周五郎賞を受賞。20年「十二国記」シリーズが第5回吉川英治文庫賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

144
小野さんのシリーズ2作目です。1冊目の内容は忘れてしまいましたが、比較的印象を持っていたと思います。6つの話があり怪異というよりも不思議な印象を持ちましたそしてその変事を解決してくれる人物があまり出しゃばらないのがいいですね。なんとなくその建物に関して解決してくれるということで今回も楽しめました。2022/06/27

真理そら

126
もと遊廓だったと思われる隣家から聞こえる三味線の音、壁の隙間から見える儚げな芸妓に魅せられていく男の話「芙蓉忌」では営繕かるかやの尾端は景色のように登場するだけだが幻想的な美しい物語。「魂やどりて」で町屋リフォームをDIYでがんばっている育の行動が無神経に描写されているのが面白い。でも、よく考えたら誰でも取りそうな言動とも思える。泣いたり責めたり叱ったりする賑やかな怪異登場。「まさくに」の意外な結末がいい。織守きょうやさんの解説がとても親切。2022/06/27

エドワード

115
古い家に宿る怪異譚その弐。人の念は深い。営繕屋の尾端は後半で活躍する。とおりゃんせ~の唄の怪を語る「関守」。「行きは良い良い 帰りは怖い」とは何を唄っているのか?私もずっと怖かったのだよ。川で溺れた幼馴染みが呼んでいる?真相にゾッとする「水の声」。リフォームと称して古道具や古着を安易に再利用してはいけない。関わった人々の<魂がやどりて>いるからだ。古い祖母の家にある屋根裏部屋で小学生の樹は<ある者>を見る。恐怖のどん底から、祖先へ思いをはせる樹が爽快な「まさくに」。怖いだけではない、明るい終幕がお見事。2022/07/22

おくちゃん🌸柳緑花紅

109
前作とは微妙に趣か違ったけれど、どのお話も怪異。一番ゾゾゾっとしたのは芙蓉忌。関守の「通りゃんせ」確かに怖い。歌詞も曲調も。怖いながらも。。。通りゃんせ通りゃんせ,〜他に「かごめかごめ」も怖いよ💦住居にまつわる怪異や障りを営繕屋尾端が修繕し、解決へと。6つのお話、総てラストはホッとする。私のそばに尾端さんがいてくれたなら怖いことなんて何もない。日々の生活の、物に気持ちに住まいに入り込む怪異は特別でも何でもなくそこここにきっとある。「魂やどりて」「水の声」が印象的。2022/12/04

ぶち

106
一作目は古い家に起きる怪異に特化していたようにおもいましたが、今作は家の他にも想いでの場所や古道具に絡む怪異の話もでてきました。 営繕屋の尾端さんが登場する場面はほんの少しだけです。怪異の解決の仕方も。怪異に正面から直接的に力ずくで解決するのではなく、家や家具、道具などを修繕することで解決していく、その穏やかさがいいです。表紙の絵のイメージがピッタリです。 恐怖だけが残ってしまうホラーとは違って、ホッとする読後感のお話が多いのもこのシリーズの好きな点です。2022/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19732403
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。