角川文庫<br> ´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論〈2〉

電子版価格 ¥792
  • 電書あり

角川文庫
´ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041122372
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

推理作家協会の懇親会に参加したラノベ作家・杉浦李奈は、会場で売れっ子の汰柱桃蔵と知り合う。後日、打ち合わせでKADOKAWAを訪れた李奈は、その汰柱が行方不明になっていることを知る。手掛かりとなるのは、1週間後に発売されるという汰柱の書いた単行本。その内容は、実際に起こった女児失踪事件の当事者しか知り得ないものだった。偶然の一致か、それとも……。本を頼りに真相に迫る、ビブリオミステリ!

内容説明

推理作家協会の懇親会に参加したラノベ作家・杉浦李奈は、会場で売れっ子の汰柱桃蔵と知り合う。後日、打ち合わせでKADOKAWAを訪れた李奈は、その汰柱が行方不明になっていることを知る。手がかりとなるのは、1週間後に発売されるという汰柱の書いた単行本。その内容は、実際に起こった女児失踪事件の当事者しか知りえないものだった。偶然の一致か、それとも…。本を頼りに真相に迫る、ビブリオミステリ!

著者等紹介

松岡圭祐[マツオカケイスケ]
1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作『千里眼』シリーズは人気作となった。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yunemo

90
これはまた大胆な展開でした。流行作家汰柱桃蔵の最新刊「告白・女児失踪」にからむ殺人事件。前作同様事件をノンフィクション作品に仕上げていく過程で起こる様々な葛藤、追いかけていくほど深まる謎、最後はどうなるの、作品は仕上がるの、との想いで読み進め。後半から煮詰まってくる事実に唖然として。その過程で出てくる数々の作家作品、これはこれで大変。横溝正史の「悪霊島」がこんな形で使われるなんて。映画と原作とノベライズ、実際の映画作品となるには原作からとばかり思い込んでいたが少々違うみたい、なことも初めて理解させられて。2021/12/30

たか

85
シリーズ第2作。売れっ子作家の汰柱桃蔵が行方不明となる中、1週間後に発売される汰柱の小説が実際の女児失踪事件の当事者しか知り得ない内容だった。ラノベ作家の杉浦李奈は汰柱行方不明の当日に推協の懇親会で汰柱と知り合っており、真相を追う。 前作では巻き込まれた形だが今作は積極的にノンフィクション本に取り組む為に取材を進める。内気だった李奈が人と触れ合い大きく成長している。前作は純文学、今作は文学他「乱歩」「清張」「横溝」とミステリがテーマ。出版業界の仕組みやエピソードがリアルに描かれ楽しい。 ★★★★✩ 4.02022/03/29

ひさか

76
2021年12月角川文庫刊。書き下ろし。シリーズ2作目。作家と出版の世界に関わる李奈の推理譚。興味が持続せず、物語世界に入浸れない。残念。2022/04/12

hiro

69
売れないラノベ作家・杉浦李奈が主人公のシリーズ2作目。文学ミステリということで、今回も横溝正史の『悪霊島』、松本清張の『疑惑』、そしてルソーの『告白』が重要な役割を担っているが、残念ながら犯人が分からず、最後の謎解きが待ち遠しかった。作中では編集者から謎解きが長いと言われていたが、今回も前半の怪しい場面をスルーしてしまったため、その結果は予想外の結末だった。松岡作品らしく業界の常識を楽しく読める。万能鑑定士Qの莉子が登場する5作目を楽しみに、李奈の成長を見ながら先へ進む。KADOKAWAは太っ腹(笑)。2022/08/28

よっち

51
推理作家協会の懇親会に参加して、会場で売れっ子の汰柱桃蔵と知り合ったラノベ作家・杉浦李奈。後日、打ち合わせでKADOKAWAを訪れた李奈は、汰柱の行方不明を知る第二弾。手掛かりとなるのは、1週間後に発売されるという汰柱の書いた単行本。実際に起こった女児失踪事件の当事者しか知り得ない情報が含まれるその内容。偶然の一致なのか、汰柱が犯人なのか。彼女が文芸に対する造詣の深さも活かしながら真相に迫る展開で、意外なところからのアプローチで判明してゆく犯人、そして誠実であろうとする李奈のありようがとても印象的でした。2022/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19067180
  • ご注意事項