ドラゴンランス レイストリン戦記〈1〉魂の剣〈上〉

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

ドラゴンランス レイストリン戦記〈1〉魂の剣〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月18日 08時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 383p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784041094846
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

世界数千万部の傑作ファンタジー巨編「ドラゴンランス(戦記)」の待望の前日譚を初邦訳!

陽気で人望ある屈強な双子の兄キャラモンとは対照的に、頭脳明晰だが虚弱で〈陰険男〉と呼ばれた弟レイストリン。
気のふれた母の性質と悲しみを強く受け継いだその子が、史上最強の魔術師へと歩み出す、その生い立ちを描く!

「本書はレイストリンの前半生の実話である。(中略)今回の出版にあたっては、〈上位魔法の塔〉の〈大審問〉――かくも破壊的な運命を決する影響をもたらすことになった〈大審問〉――が最も重要なテーマの一つだった。レイストリンの〈大審問〉の本はほかにもあるが、真実の記録が書かれたのはこれが最初である。」(クリンの歴史家アスティヌス)


【主人公】レイストリン・マジェーレ:双子の弟で、種族は人間。兄が男前で頑健なのに比べ、幼い頃から体が弱く、内省的で、弱い者いじめにあう。それゆえ兄に守られ、兄を頼らざるをえないが、同時に自分の弱さを呪い、兄への複雑な感情を抱く。仲間から信頼されず、好かれもせず、陰険で冷たい人間と思われがちだが、その虚弱さゆえに、心の底では弱き者への思いやりを育てている。そんな彼が自分の存在意義を感じられ、救いを感じられるもの――それこそが「魔法」の研究だった。


※本書は、電子書籍で刊行中の下記『【合本版】ドラゴンランス 全25巻』には含まれていない、新規邦訳作品になります。
●『【合本版】ドラゴンランス 全25巻』とは?
原著者注釈付きドラゴンランス(戦記)・原著者注釈付き伝説~魂の戦争・秘史までの全巻セット(外伝ネアラ2巻を含む。後発の「レイストリン戦記」は除く)。

内容説明

傑作ファンタジー巨編「ドラゴンランス」の待望の前日譚を初邦訳!陽気で人望ある屈強な双子の兄キャラモンとは対照的に、頭脳明晰だが虚弱で“陰険男”と呼ばれた弟レイストリン。気のふれた母の性質と悲しみを強く受け継いだその子が、史上最強の魔術師へと歩み出す、その生い立ちを描く!

著者等紹介

ワイス,マーガレット・エディス[ワイス,マーガレットエディス] [Weis,Margaret Edith]
1948年3月16日生まれの米国の小説家。ファンタジーとサイエンス・フィクションの分野で多数の小説や短編を執筆。トレイシー・ヒックマンとともに、ダンジョンズ&ドラゴンズの「ドラゴンランス」世界を創造した、初期からのクリエイターの一人でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

garakuta@読書とゲームの愛好家

17
マーガレット・ワイス著、安田均訳の小説。キティアラとかキャラモンとかすごく魅惑的な往年の登場人物の若かりし頃のお話。本作では様々な伏線が明らかになるマギウスとか、ヒューマとか。今巻の訳者あとがきには、続刊のレイストリン戦記 武装した双子(仮)全2巻も発刊察るそうで愉しみ。にしてもレイストリンも、格好が良いけど其の取り巻きもきらきらと光り輝いていい感じですね。個人的にはキャラモン推しだけどね。感化されやすいのかこの手の小説を読むと興奮してアメリカでゲーム文学の勉強をしたくなる。頭悪いから無理だけどね2021/11/17

ルシュエス

14
「ドラゴンランス戦記」の主人公PTにいた魔術師レイストリンに焦点を当てた物語。 D&Dセッションで、T・ヒックマンの友人のRPで生まれたのですね…。 姉兄への愛情と、妬みや恨みが綯い交ぜになっているレイストリンが、幼少期に魔術師に会い、魔術学校に入る上巻。 幼いながら性格がそのままのキャラモンやスターム、全く変わらないフリントやタッスルに懐かしさがこみ上げます。 ウサギの影絵とか懐かしいな! 第二部の「武装した双子」も日本語化が決まっているそうなので楽しみ。 …の前に下巻へ。2021/12/25

クイックラック

6
ドラゴンランスシリーズでいつも要にいる大魔術師レイストリンの幼少の頃から追いかけたサイドストーリーなんだけれども出てくるキャラやセリフが幼い頃からそのままで涙が出そう。なのでファンから見れば新しい側面だったり懐かしさで2度も3度も楽しめるけれども、逆にこれから読み出しても彼らの魅力は十分伝わる。上巻では魔術師を目指すきっかけだったり、頑健な双子の兄への嫉妬心の芽生えだったり、後に仲間になる竜槍の英雄たちとの出会いだったりとにかく目が離せない。時折姉のキティアラが皮肉混じりに投げつける真実とかもう最高としか2021/11/30

aki

2
ドラゴンランスの新作が出ているなんて聞いてないぞ。というわけで早速読んた。レイストリンがなぜレイストリンになったのか、その前半生が描かれるとともに、ランスの英雄達の出会いのきっかけがわかる。しかし冒険や事件らしいものもなく淡々と話が進むだけで、正直退屈だった。終盤で物語が動き始めたので下巻に期待。2022/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18840855

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。