角川文庫<br> ゴーストハント〈4〉死霊遊戯

個数:

角川文庫
ゴーストハント〈4〉死霊遊戯

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 01時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 412p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041094150
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

緑陵高校の生徒会長・安原の懇願を受け、麻衣たちは調査に向かった。校内ではおびただしい数の怪談や怪奇現象が囁かれ、生徒たちは「ヲリキリさま」と呼ばれる奇妙な占いに熱中していた。生活指導教員の松山の高圧的な態度もあり調査は難航。4カ月前に起こった生徒の飛び降り自殺と一連の怪奇事件との関係は?麻衣が見た不思議な夢の意味は?新キャラクター・安原少年が登場。学園パニックホラー&ミステリ。

著者等紹介

小野不由美[オノフユミ]
12月24日、大分県中津市生まれ。京都大学推理小説研究会に所属し、小説の作法を学ぶ。1988年作家デビュー。「悪霊」シリーズで人気を得る。12年刊行の『残穢』は13年第26回山本周五郎賞を受賞。20年「十二国記」シリーズが第5回吉川英治文庫賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カムイ

137
シリーズも折り返しに入り恐怖もフルパワーとなって❓️学校でのコックリさん、今でもやっているのかなカムイの時はチラホラ見聞きはしていたけど。と言うことで(オリキリ)コックリが今回のストーリーの肝、前回も似たような展開でしたが今回は霊がパワーアップに手をつけられない状態に❗️落は予想通りでしたけど、ウ~ン何とも締まらないと思ってしまう、期待しすぎたのがいけなかったのかもしれないです、全体的にはハラハラしながら麻衣を危険な場所に一人でいかせるのは如何なものと?まぁ~演出効果だし読者を楽しませようとしているのも→2021/10/21

しゅう

95
怖い!面白い!スケールも、相手も大きくなってきましたね。それに伴い、チームワークも友情も強くなって、怖いのに微笑ましい所も。蠱毒の事や、怪談、霊に関する現象や言葉の解説が分かりやすく、勉強になります。こんな心霊現象が起きて、キレる教師の居る学校、嫌ですね。リンさんと安原君が気になります。安原君は、メンバーになるのでしょうか?次巻も楽しみです。2021/02/19

キナコ

94
今回も学校での怪異をメイン。新たなキャラクターも登場。その学校でのみ流行しているヲリキリ様。流行とともに発生したと思われる怪異達。 教師達の非協力的な態度のなか、怪異の調査は出来るのか。学校という特殊な環境のなか、大人の自己満足に振り回される子供の感情のぶつけあいのような話。 麻衣の能力も遺憾なく発揮された。学園ものの中でもお気に入り。2022/10/01

セウテス

87
【ゴーストハント】シリーズ第4弾。今回も高校での怪異を調査するのだが、生徒たちは協力し怪異を収めたいのに対し、教師側は何も問題は無いと証明して貰う事を望んでいる。その為、生徒には自由な発言を止めたり、ナルたちには授業中の活動を禁止したりと、調査がやり難い事になってしまう。これには根本に、自分たちの信ずる事以外には否定的であるとか、理解出来ない事には高圧的な態度になるとかの問題が存在するのだろう。又コックリさん等が、浮遊霊を呼びよせる一種の方法であるだけとか、霊能力の違い等の蘊蓄も興味深い上にためになる?。2022/05/02

sin

74
なんだか最近いろんな事物がシンクロして目に止まる…そこに来てこれ「…、持たざる自分でも他人に影響力を行使できることを確認したい大人…」ドンピシャで今の職場で出会した人物に当てはまる表現だ!さて、胡散臭いとは云え依頼された事案に精一杯取り組もうとする霊能者たちを阻むのは得体の知れない怪現象だけではなく自分に理解出来ない事を否定して妨害を加えるそんな大人と云う歪んだ存在だった。そこにはそうした態度を助長させる雇い主の放任と勿論本人の無自覚とが存在した結果なんだけどね(`ε´ )ああ腹が立つ!#ニコカド20202020/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17054049
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。