角川スニーカー文庫<br> カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています 〈2〉

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川スニーカー文庫
カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています 〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 01時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041088043
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

クリスマス直前に彼女に浮気された大学二年・羽瀬川悠太。
そんな俺の家に、からかい好きな後輩・志乃原真由が遊びにくるようになり早二ヶ月……
たまにサークルに顔を出す、それなりの春休みを過ごす俺に、バレンタインパーティの誘いがきた。
高校時代からの親友・美濃彩華と参加した先で、「私、浮気なんてしてないから」元カノ・相坂礼奈に遭遇し!? 
礼奈の言葉に動揺する中、彩華と約束していた二人きりの温泉旅行の日が訪れて――
「あんた、私に惚れてたりする?」
親友同士な俺と彩華の、この関係は終着点? それとも……。

ちょっと大人の青春ラブコメ、恋と友情に揺れる第二巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

53
悠太の家にからかい好きな後輩・志乃原真由が遊びにくるようになり早二ヶ月。それなりの春休みを過ごす悠太が彩華とバレンタインパーティに参加する第二弾。今回は気の置けない友人でもある彩華との距離感や、今の関係が形成されていった過去が語られていて、彼女にとって悠太が大切な存在なのは間違いないけれど、それ以上に失いたくない気持ちの方が強いのかな。元カノ礼奈再登場の反応を見ると何とも複雑な想いを感じますが、一方で悠太の日常に溶け込みつつある真由の関係がより進展した時に、彩華がどうするのか気になるところではあります。 2020/04/28

まっさん

43
★★★★☆ やはりここ一年以内に刊行されたラブコメ作品の中では頭2つほど抜けている今作。今巻では主人公・羽瀬川の高校時代からの親友・美濃彩華に焦点が当てられた話。一見固い絆で結ばれているように思えがちだが、実はひょんなことから崩れることも有り得る危うい関係性。「異性」というどうやっても越えられない壁に阻まれたその関係性が、今巻の話でどう変質してしまうのかかなり興味がありました。彩華推しの身としては正直このまま男女の仲になってしまえよ!と思わなくもないけれど、この2人に関してはまだこの形が理想なのかな?た→2020/05/10

ツバサ

37
ヒロインの中で1番推したい彩華が前面に出ていて、大変満足です。悠太との馴れ初めやどのように仲を深めていったのが描かれていて、丁寧な構成でした。より好きになること間違いなし。彩華の魅力が強くて真由や礼奈との差が開いている状況ですけど、これからどうなるのか気になります。2020/04/30

まるぼろ

35
今巻は彩華がメインのお話。悠太が彩華と温泉旅行に出掛けながら高校時代からの彩華とのこれまでを回想したりするお話です。今巻はそんな男女間の友情と恋愛の線引きはどこからみたいなお話でしたが、やはり面白かったです。高校時代の彩華の置かれていた状況と、そんな彩華を思いやって憤りを感じていた悠太の関係は読ませるものがありました。それを踏まえた上での彩華と礼奈との関係に今巻では真由と礼奈とも接触し…以降どうなるのか気になります。目下関係が曖昧な悠太と真由のこれかも勿論。次巻は礼奈に焦点が当てられるとの事で楽しみです。2020/05/05

冴木

34
★★★★★ ヒロインの魅力がカンスト巻。小悪魔後輩も勿論可愛いが、表紙にいる親友彩華が大活躍。他のラブコメが主人公とヒロインの関係性の深まる過程を吹っ飛ばすことが多い中、こうして過去の話をみっちり描いてくれる作品は貴重。彩華が悠太との関係を、悠太が彩華との関係を大切に思う理由がビシビシ伝わってきて、この二人の絆が何というか尊い。 真由も相変わらず小悪魔っぷりが可愛く、元カノも出番は少ないものの、密度が濃く3巻で物語も一気に動きそうな雰囲気。続きが非常に楽しみな作品なだけに、絶対に続きが出てほしい。2020/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15711538

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。