ブラタモリ〈13〉京都(清水寺・祇園) 黒部ダム 立山

個数:

ブラタモリ〈13〉京都(清水寺・祇園) 黒部ダム 立山

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月13日 11時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 135p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784041073759
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C0095

出版社内容情報

あの人気街歩き番組の公式本。これであなたも「ブラタモリ」体験収録される放送回
#69 京都・清水寺?人はなぜ清水を目指す??
#70 京都・祇園?日本一の花街・祇園はどうできた??
#86 黒部ダム?黒部ダムは なぜ秘境につくられた??
#87 黒部の奇跡?黒部ダムは なぜ秘境につくられた??
#88 立山?北アルプス・立山は なぜ神秘的??

NHK「ブラタモリ」制作班[エヌエッチケーブラタモリセイサクハン]
監修

目次

1 京都・清水寺 人はなぜ清水を目指す?(清水寺;参道の地形 ほか)
2 京都・祇園 日本一の花街・祇園はどうできた?(南側の花街;花街が移った理由 ほか)
3 黒部ダム 黒部ダムはなぜ秘境につくられた?(黒部ダムへ;大観峰へ ほか)
4 立山 北アルプス・立山はなぜ神秘的?(室堂平;アルプスを生んだ氷河 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

264
この辺りの話しはテレビでも観たけど、黒部ダムは圧巻だな。祇園も何故花街になったのか土地柄の視点で見ているので、いつも面白い。2019/01/28

アキ

83
「清水寺」嵐山と同じチャートの地層。東は清水、西は嵐山に約100万年前断層ができ、真ん中が落ち込んで京都盆地になった。清水は断層崖。しかも2つの谷が直角に交わる交差点。音羽の滝もあり観音様の棲む所。尾根道が現在の参道に。「祇園」江戸時代に鴨川に堤を設けて川幅を狭めた。花街は明治時代に市電と共に廃れた。「黒部・立山」北アルプスは2つの山脈が作っている奇跡の地形。ダム上流は花崗岩、下流は珪長岩。ダムは最も狭いところに作られた。称名滝は7万年かけて7km谷を削って移動してきた。富山は扇状地など、相変わらずの博学2020/12/28

hiro

73
ハイペースで放送を追いかけていたブラタモリ本も昨年末に12巻が出て以来、半年以上しても続巻がでないので心配していたが、待望の13、14巻がでて一安心。今回は京都(清水寺、祇園)と黒部ダム、立山。ブラタモリは、小学校の遠足以来、何度も登った清水寺への参道が尾根だということ、四条通りは市電のために拡幅されたということなど、身近な京都の知らないことを教えてくれた。ましてや行ったことのない黒部・立山は、地形からやさしく教えてくれた。もちろんブラタモリ本が林田アナに変わった後まで続くことを期待しています。2018/10/31

かいちゃん

45
来月祇園に行くので知識を得ておこうと購入。おもしろかった。これ読んでからの祇園の方が楽しめる気がする。今度は自分の目でギザギザを確かめてこよう。2018/11/16

り こ む ん

37
人は時に大自然に挑み。時に信仰の場する。今回はそんな人々の営みが感じられる話。地学的にこうなっている。だけでは、信仰の場にはならない。その場所に人の思いが合わさって成り立ってゆく。一方、自分達か生きていく為、よりよい生活をするため。人は、大自然に挑み大事業なす。それが、どんなに困難で厳しくとも成し遂げる。自然の大いなる恵みを感じると共に人の力を感じられた。2019/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13129208

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。