角川スニーカー文庫<br> ひげを剃る。そして女子高生を拾う。〈3〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

角川スニーカー文庫
ひげを剃る。そして女子高生を拾う。〈3〉

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2021年10月21日 10時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 260p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041070857
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大ヒット中の【サラリーマン×JK】同居ラブストーリー、波乱の第3巻。2人でいることがすっかり当たり前になってきた、家出JK・沙優とサラリーマンの吉田。自分とまっすぐ向き合ってくれる吉田と同居するうちに、沙優は自分の将来を見つめ、実家へ帰る覚悟を決めつつあった。そんなとき、吉田と同じ会社に、高校時代の彼女・神田先輩が異動してくる。吉田がかつて付き合っていたひと。予想もしなかった存在に、沙優の心はかき乱される。「私のことは、どう思ってる?」「吉田さんにとって、私って、何?」さらには戸惑う沙優のバイト先へ見慣れない高級車が現れて――サラリーマンと女子高生の日常ラブコメディ、波乱の第3巻。

しめさば[シメサバ]
著・文・その他

ぶーた[ブータ]
イラスト

内容説明

2人でいることがすっかり当たり前になってきた、家出JK・沙優とサラリーマンの吉田。自分とまっすぐ向き合ってくれる吉田と同居するうちに、沙優は自分の将来を見つめ、実家へ帰る覚悟を決めつつあった。そんなとき、吉田と同じ会社に、高校時代の彼女・神田先輩が異動してくる。吉田がかつて付き合っていたひと。予想もしなかった存在に、沙優の心はかき乱される。「私のことは、どう思ってる?」「吉田さんにとって、私って、何?」さらには戸惑う沙優のバイト先へ見慣れない高級車が現れて―サラリーマンと女子高生の日常ラブコメディ、波乱の第3巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツン

99
出て来る女性たち、みんな何かしら抱えているのか、なんなのか。なんにしても吉田さんは無自覚にもてまくっているのですが、先輩の言葉から、実は高校時代からそうだったことがわかりました。そして、ラスボス感のある新キャラ登場。彼だけは嫌な人なのかな。2021/06/11

まりも

74
吉田の元カノが登場し、奇妙な同居生活を続けていた2人に変化が起き始めるシリーズ第3弾。いやはやこの作品本当に面白いな。普通のよくあるラブコメがやりそうな展開を悉くやらないというか、少年少女の恋愛ではなく色んなモノが絡まって歳を重ねて来たからこその恋みたいなものを描いている気がする。展開の方も中々に心にグッと来るし、あり得ない設定に現実的なモノを入れるとこんなに面白くなるんだなぁと改めて感じました。特に三島の役割の大きさはデカいと思う。今回が起承転結の転だとしたら次巻は結になるんだろうか。楽しみ。2019/01/03

かんけー

70
3巻にして遂に沙優に○○が!の展開。冒頭、吉田の職場に高校の元カノの先輩が転勤し、慌てる?吉田と三島さんと後藤さんwしかも?体の関係も在るらしく、例の二人は、警戒しながら、様子見(^_^;)沙優も吉田の様子の変にw気付き、問い詰めて。此処にきて、沙優と吉田二人の微妙な心境の変化がじっくり描かれ、良い感じだけど?吉田の○○正直さにちょっとイラッとwしたのも事実で。まぁ、神田先輩の「お誘い」を無下にするのは構わないけど、沙優にその態度?はどうなのと、三島さんもちょっと可哀想で。成る程、黒のベンツは...→2019/01/06

よっち

66
吉田と同居するうちに、自分の将来を考えるようになっていった沙優。そんなタイミングで吉田と同じ会社に、高校時代の元カノ神田先輩が異動してくる第三弾。状況に変化をもたらした神田先輩にやきもきする三島や沙優、どこか達観した後藤さん。ドキドキしながらも根本的なところはブレない吉田はらしいなと思いましたけど、一方で神田先輩からそのありように対し鋭い指摘があって、平静でいられない三島の様々な行動が図らずも現時点の構図を明確にして、自覚できずに自らの想いを持て余す沙優が迎えた転機にどうなるのか、続巻に期待したいですね。2018/12/29

むっきゅー

61
元カノ神田先輩が登場することで、吉田の真面目で頑固な部分がクローズアップされた。同時に沙優への特別な感情に少しずつ気付いていく「転」な巻でした。倫理観と感情、どこに折り合いを着けるんだろうか。そして、沙優の捜索の手が伸び、タイムリミットが迫ってきた。「今しか会えない人がいて、今しかできないことがある」という三島のアドバイスが、沙優をどのような結論に導くのか、次巻も楽しみです。2019/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13164408

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。