角川スニーカー文庫<br> 美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!〈4〉

個数:
電子版価格 ¥211
  • 電書あり

角川スニーカー文庫
美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!〈4〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 06時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041070833
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『のうコメ』作者が贈るクリエイターたちの熱血ラブコメ!大波乱の第4巻! ミリオンセラーを目指すラノベ編集者の清純は、新人賞選考で物議を醸した超問題作を担当することに。しかし打合せにやって来た作者は、まさかの女子小学生! さらにひよこがそのJSに弟子入りすると言い出して――「プライド? なんで? 自分より凄い人にものを教えてもらうのに、肩書きとか年齢は関係ないよ?」 かくしてJS・美門のスパルタラノベ講座が開幕……のはずが、なぜか3人で遊園地デート!? 美門のドSすぎる指導&ひよこの天然すぎる解答に振り回される清純だったが、実は美門には応募作品を出版できない秘密があって……。


春日部 タケル[カスカベ タケル]
著・文・その他

Mika Pikazo[ミカ ピカゾ]
イラスト

内容説明

ミリオンセラーを目指すラノベ編集者の清純は、新人賞選考で物議を醸した超問題作を担当することに。しかし打ち合わせにやって来た作者は、まさかの女子小学生!さらにひよこがそのJSに弟子入りすると言い出して―。「プライド?なんで?自分より凄い人にものを教えてもらうのに、肩書きとか年齢は関係ないよ?」かくしてJS・美門のスパルタラノベ講座が開幕…のはずが、なぜか3人で遊園地デート!?美門のドSすぎる指導&ひよこの天然すぎる回答に振り回される清純だったが、実は美門には応募作品を出版できない秘密があって…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

15
選考で物議を醸した超問題作の作者である少女、美門の担当となる中、出版を巡り騒動が起きる今巻。―――目を背けるな、誰かの熱意と自らの才能に。分不相応な才能により危うい側面を持つ美門。そんな彼女に清純が接し、その手に抱えた荷物を降ろす手伝いをする今巻。足りなかったもの、それは覚悟と本気という根底を為すべきもの。欠けた穴に新たな欠片を導き、新たな作者を呼び込んだ清純。そんな彼の燻る熱意に触れる者が現れ、破壊への招待という波乱の予感が待ち受ける。置いてきた過去が背を叩く時、清純の決断とは。 次巻も楽しみである。2018/08/07

METHIE

9
うーむ、「くたばれ」の作家の話はそういう終わり方か、アルジャーノンに花束をみたいだな。 もしかしたら、次回で主人公が作家として復活するのでそれで終了かなぁ。2018/08/15

彼方

8
新人賞選考で物議を醸した超問題作「くたばれ」の作者はなんと年相応には思えない女子小学生で…な第4巻。激痛電気ネタやネット燃料投下など、ギャグが特に笑えないのは作風的に気になりましたけどクサイ台詞で事態を解決する清純は安定の流れ。世界が灰色にしか見えない美門が笑えるようになったり大御所おっさんの担当になったりとすっきり楽しく、しかし終盤尺が足りない気がしてもっと心情丁寧にやってほしかったのと天花、ソレイユの出番がほぼないのは残念だったかな…。そろそろ棗ソウスケの正体バレが来るのだろうか、次巻も期待してます。2018/08/02

ごぅ。

7
今回は新人賞選考に絡むお話。。問題作への事前判断等のため担当として清純は打ち合わせに臨むが、作家の正体と天然ひよこが奇跡のコラボで生み出される結末は。。。面白かったー、荒唐無稽でなんのその。。まさかの天花の直接登場なしで次巻への布石になってたなと思いました。。新たなレーベル、伝説の編集者の登場でどう転がるか次も読みたい。2018/08/13

ぶなぶな

7
新人賞に問題作が現れ大賞を与える前に作者に接触をするが、なんと小学生の女の子であり...という第4巻。とても面白かった。これくらい天然たらしだからこそ、これまでの3人に加え小学生をも落とし、父親にも認められる。主人公すごい。てか美門ちゃんかわいい。甘えてくる系ロリも網羅する清純すごい。あとひよこが大活躍してた。あの状態から美門に懐かれるとか凄まじいマイペースだな。そして遂に棗ソウスケであると看破されることになる。小説家としての不完全燃焼を秘めてきた清純の行動やいかに。次巻も楽しみ。2018/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12993279

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。