角川文庫<br> うちの執事に願ったならば〈6〉

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

角川文庫
うちの執事に願ったならば〈6〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月25日 00時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 242p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041069912
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

忍び寄るアゲハの罠……理想がすれ違う主従関係の行方は!?児辺家の騒動を受けて、肩書きをなくした自分の空虚さに悩む花穎。一方衣更月は、「理想の当主」たろうとする花穎に歯がゆい思いを感じていた。そんな中、花穎は思わぬところで天草揚羽に再会し……!?

高里 椎奈[タカサト シイナ]
著・文・その他

内容説明

「理想の当主になって頂きたいとは思わない」という衣更月の一言から、自分が“顔のない後継者”だと思い悩む花頴。一方でぎこちない主人の様子に疑問を抱いていた衣更月は、ある人物の指摘で自らの発言が誤解を生んでしまったことに気づく。そんな中、招かれた狩猟会で、花頴は臨時雇いの天草揚羽と再会。衣更月が不在の場面で、ふたたび烏丸家に揚羽の魔の手が迫る―。完璧執事の仮面崩壊!?大人気上流階級ミステリ!

著者等紹介

高里椎奈[タカサトシイナ]
茨城県出身。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hirune

50
【Kindle】衣更月は花穎を甘いと思っていますが、今回は自分自身の甘さを露呈しちゃいましたね。考えの足らない言葉で主人を傷つけるわ、天草という不穏な女の情報を花穎に知らせず、結果主人の生命を危険に晒すわ(^-^;鳳級の執事になるのはまだ100年くらい早いかも。。この主従の距離の取り合い 探り合いはまだ暫く続きそうですね☆2019/12/12

ゆきちん

32
うん。面白かった。ちょっとしばらくぶりの天草揚羽←偽メイドがキューティオイラー(浜村渚の数学シリーズ)みたいになってて、翻弄されまくり。赤目さんは相変わらずどっち側だかわかんないし、衣更月、昴の兄弟確執はあるしでそれで事件が起こるんだから。衣更月のセリフが尾を引いててそれでまとめてラストになるのかな?とか思ったり。上流階級、読んでて楽しいです。2019/07/05

すがはら

27
花穎が一人でやろうとせず更衣月に指示を出せるようになったのが成長を感じさせます。それにしても、花穎の純真無垢な反応で相手の毒気を抜くとか、花穎らしいと思うよりも、ちょっとバカっぽくて何だかなぁと思ってしまいます。狩猟の会では、上流同士の付き合いではおかしいと感じても念のための確認をとることもできないと書かれていて驚きでした。危険すぎだと思いますが?更衣月も花穎も、自分が未熟だと思いながら前へ進む姿が素敵。それに対して、赤目の歪みが気持ち悪いのですが…2019/02/03

たんぽぽ

26
前作での衣更月失言「理想の当主になってほしいとは最早思っておりません」…が尾を引いているなぁと思いましたが、花穎も成長して落とし所が見つかった感じ。 今回はどんよりした空気感がちょっと重かった。2019/02/12

はるき

25
 絶好調上流階級ミステリー、今回もお素敵。毎回ちょっと女子の妄想力を刺激する表紙がまず美味しく、ファンタジックなまでの綺麗な世界観が何度味わっても絶妙な甘さ。お約束もまた様式美なのです。2019/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13243069

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。