角川文庫<br> dele

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

角川文庫
dele

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 11時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 333p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041068052
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

〈生〉と〈死〉、〈記憶〉と〈記録〉をめぐる連作ミステリ!【あなたの死後、不要となるデータを削除いたします。】

罪の証。不貞の写真。隠し続けた真実。
『dele.LIFE』で働く圭司と祐太郎の仕事は、秘密のデータを消すだけ――のはずだった。

あなたの記憶に刻まれる、〈生〉と〈死〉、〈記憶〉と〈記録〉をめぐる連作ミステリ!



『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』。
真柴祐太郎がその殺風景な事務所に足を踏み入れたのは、三ヶ月ほど前のことだった。

所長であり唯一の所員でもある坂上圭司いわく、
「死後、誰にも見られたくないデータを、その人に代わってデジタルデバイスから削除(delete)する。それがうちの仕事だ」。
誰かが死ぬと、この事務所の仕事が始まるのだ。

新入りの祐太郎が足を使って裏を取り、所長の圭司がデータを遠隔操作で削除する。
淡々と依頼を遂行する圭司のスタンスに対し、祐太郎はどこか疑問を感じていた。

詐欺の証拠、異性の写真、隠し金――。
依頼人の秘密のファイルを覗いてしまった二人は、次々と事件に巻き込まれる。

この世を去った者の〈記録〉と、遺された者の〈記憶〉。
そこに秘められた謎と真相、込められた切なる想いとは。


『MISSING』『MOMENT』『WILL』などで「生」と「死」に直面した人々を描いてきた著者が、
今だからこそ書き得た新たな代表作。

≪dele=ディーリー。校正用語で「削除」の意。≫

ファースト・ハグ
シークレット・ガーデン
ストーカー・ブルーズ
ドールズ・ドリーム
ロスト・メモリーズ

本多 孝好[ホンダ タカヨシ]
著・文・その他

内容説明

「死後、誰にも見られたくないデータを、その人に代わってデジタルデバイスから削除する」。それが『dele.LIFE』の仕事だ。淡々と依頼をこなす圭司に対し、新入りの祐太郎はどこか疑問を感じていた。詐欺の証拠、謎の写真、隠し金―。依頼人の秘密のデータを覗いてしまった2人は、思わぬ真相や事件に直面してゆく。死にゆく者が依頼に込めた想い。遺された者の胸に残る記憶。生と死、記録と記憶をめぐる、心震わすミステリ。

著者等紹介

本多孝好[ホンダタカヨシ]
1971年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。94年「眠りの海」で小説推理新人賞を受賞。99年同作を収録した『MISSING』で単行本デビュー。「このミステリーがすごい!2000年版」でトップ10入りするなど高い評価を得て一躍脚光を浴びる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みも

229
死後、不要データの消去を依頼する。例えば、赤裸々に記した日記は近親者にも読まれたくない。かと言ってそんな重大な作業を、赤の他人の一業者に依頼し得るか…否!なんとなれば、そのデータを悪用されない保証はどこにもないから。死者と生者の思いは必ずしもシンクロし得ない。人間の繋がりなんてそんなものだ。だが、死は否応なく何かを派生させ、影響を被る生者が少なからず存在する。ましてそれが幼子ならその大きさは計り知れない。「ドールズ・ドリーム」亡母が遺した5歳の少女。少女はこの試練を乗り越えねばならない。#ニコカド20202021/01/08

bookkeeper

223
★★★★★ 初読。依頼者の死亡時にデジタルデバイスからのデータ消去を請負う商売に従事する二人。依頼者の大部分は、依頼の理由や消去する中身について、知らしめる事なく亡くなっている。そこにミステリがある訳ですね。 契約の事実を重視して、背景を斟酌せずに消去しようとする圭司と、背景や事情を知るまでは消去すべきではないと考える祐太郎。2人の葛藤とやがて明らかになる真相が、しっとりとした余韻や感動を運んでくれます。粒揃いの5話だが、「ファースト・ハグ」「ドールズ・ドリーム」が良かったです。 「それ、消すの?」2019/07/24

ホウフリンク

170
『死後、データを削除』というプロットが面白そうで、しかも、データの削除って案外と難しいので、その点に興味があって読み始めたのけど、『削除』『消去』とあっさり片付けられてて、かなりがっかりでした。 バックアップやクラウドなど、技術的な面も含めて、簡単には『削除』できないと思うのですが…。 まあ、プロットは話のきっかけになってて、全体的にはライトな感じの連作短編です。 しかも、案外と、アナログ的な部分が多いので受け入れやすのではないでしょうか。 2021/09/17

修一郎

165
ドラマ観るため慌てて原作を読んだけども,TVはオリジナル脚本だったみたい。予想通り山田孝之は坂上圭司のイメージ通りだ。橋本愛さんが出演した第5話は原作の「ドールズ・ドリーム」とテーマが同じ。お気に入りはドラマの余貴美子と高橋源一郎の第3話。ドラマは原作の持つ世界観を良く再現していると思うぞ。ドラマと原作同時進行中。dele2へ。。。2018/08/26

ぱるぷ

162
★★★☆ 死後、誰にも見られたくないデータを、その人に代わりデジタルデバイスから削除する……短編。ドールズ・ドリームに大号泣‼︎ 優しいお話。ドラマも観たい‼︎2018/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12794645

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。