角川文庫<br> わが家は祇園(まち)の拝み屋さん〈6〉花の知らせと小鈴の落雁

個数:
電子版価格 ¥604
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
わが家は祇園(まち)の拝み屋さん〈6〉花の知らせと小鈴の落雁

  • ウェブストアに385冊在庫がございます。(2017年12月11日 16時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041053959
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

高校2年生に進級し、小春を取り巻く環境が少しずつ変化していく中、京都では不穏な事件が続発し始めていた。事態を重く見た澪人は、小春や朔也たちと対策チームを結成し、かつて京都に張りめぐらされた護りの結界を補修しようとする。一方、小春は胸にわだかまる謎の「後悔」の理由を解き明かすために、自らの前世を全て知ろうとする。そこには、切なすぎる真実が秘められていて…。大好評の京都不思議ミステリ、新展開!

著者紹介

望月麻衣[モチズキマイ]
北海道出身。2013年にE★エブリスタ主催第2回電子書籍大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

二度目の春、京都では不穏な事件が続発するようになり、澪人は小春や朔也たちと対策チームを結成する。そんな中、小春は前世の切ない後悔を知り、涙していた。そこに澪人の兄・和人が急接近してきて――!?

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件