角川文庫<br> ペンギン・ハイウェイ

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
ペンギン・ハイウェイ

  • 森見 登美彦【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 角川書店(2012/11発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月11日 10時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 387p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041005613
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

僕は知りたい。この世界の始まりについて、そしてお姉さんの謎について。小学4年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんが関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。

森見 登美彦[モリミ トミヒコ]
著・文・その他

内容説明

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした―。少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。

著者等紹介

森見登美彦[モリミトミヒコ]
1979年、奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。07年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞。同作品は、本屋大賞2位にも選ばれる。10年『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 6件/全6件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

1173
ファンタジーとも違い、かといってリアリズム小説でもない。ペンギンやお姉さんをはじめとした諸々の事柄は、「ぼく」の思惟や感情を寓意的に表象したメタファーなのだろう。たしかに「ぼく」は小学4年生にしては無理があることは否めない。しかし、作者にとっては、10歳の今でなければならなかったのだろう。その一夏で「ぼく」が失ったものは余りにも多い。物語の最後は涙を誘われる。それは、これが私たち自身の喪失の物語でもあるからだ。「ぼく」は、このイニシエーションを経て、新たな地平に旅立つ。たくさんのものを後に残しながらだ。2017/03/15

風眠

739
(再読)「怒りそうになったら、おっぱいのことを考えればいいよ。そうすると心がたいへん平和になるんだ」こういう事を言うアオヤマ君って、ものすごーく性格がいいって言うか、可愛いって思う。賢くて大人びているくせに、ここで「おっぱい」を出しちゃうところがね、笑。そんなアオヤマ名言で、私の心もたいへん平和になるのでございます。そして、アオヤマ父の深いけど何か笑っちゃう発言も素敵だし、お姉さんの素っ気ない言葉も不思議に魅力的で。そのほかの登場人物も、可愛げがあって、どこか天然で、愛らしい。だから私はこの物語が大好き。2018/01/23

ミカママ

596
ちくしょぉぉぉ、泣かされた。SFもファンタジーも苦手なのに。(ミカママ的)恋愛小説部門、今んとこ今年ベスト❗️2018/11/26

ソルティ

451
めっちゃSFでファンタジーでした。でもSFなのに科学で謎が解明されない。謎が新たな謎を生んでるという感じ。情景の描写とかステキだし、小学生たち楽しい仲間たちだけれどややのんびりおだやかすぎて刺激が足りない。後半は結構展開したけれど。ホントに不思議なかわいい話。映画も?マークが出そうですが(笑)見てみます。「他人に負けるのは恥ずかしいことではないが、昨日の自分に負けるのは恥ずかしいことだ」「ハマモトさんはまるで大人みたいに鼻を鳴らした。「仲良くしなくてもいいよ。誰とでも仲良くするなんて、不可能だもん」」2019/09/03

チェシャ猫

450
相変わらず この人の文章は馴染むのに時間が掛かる。けど 最後は熱中してしまうのが不思議だ。初めはほのぼの系かと思ったら ラストは物悲しい最後で・・・。淡い初恋とSFと小さい頃への郷愁とあこがれを混ぜたような作品でした。2014/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5586115

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。