富士見L文庫<br> 犬飼いちゃんと猫飼い先生〈3〉たとえばこんなボクらの未来

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

富士見L文庫
犬飼いちゃんと猫飼い先生〈3〉たとえばこんなボクらの未来

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年02月23日 07時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040752136
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

★≡≡≡★ あらすじ ★≡≡≡★

 僕、ダックスフントの"フンフン"。
 春。わくわくの新しい季節。藍(あい)ちゃんもついに大学生……ってどうしたの藍ちゃん、なんか毛皮が爆発してるよ!!

 片想いの相手、鴨井(かもい)から動物園に行こうと誘いを受けた藍。これってデート?
 はりきってパーマをかけてイメチェンを狙ったはいいが、失敗してボンバーヘッドになった藍。落ち込む藍に、心晴が知り合いの美容師を紹介してくれた。彼女は鴨井の実の妹、燿里(かがり)だった。
 藍は燿里から、鴨井家ではいまだにキャロルの死についてわだかまりがあることを聞く。鴨井が家族の猫だったキャロルを連れて就職してしまった上、ひとりで死なせてしまったことを下の妹、陽咲(ひさき)が怒っているというのだ。
キャロルの死の遠因である藍は動揺する。この関係、本当に進んでいいの……?

 あと一歩が踏み込めない、両片想いの二人に本物の春は来るのか?


★≡≡≡★登場人物紹介★≡≡≡★

★三隅藍(みすみあい) …… 朗らかで素直な女子高校生。フンフンの飼い主。鴨井と動物病院で出会いお友達になる。受験勉強に苦戦中。

★鴨井心晴(かもいこはる) …… 20代の穏やかな好青年。藍のことが気になっている。子猫様のお世話に奮闘中。

★フンフン …… エクレアみたいな色をした、五歳のミニチュアダックスフント。飼い主の藍のことが大好き。

★プー子(プンプリプイッコ)……鴨井が保護した白黒ブチの子猫。フィンランド語で『綿棒』という意味の名前をもらったけれど、みんなからは「プー子」と呼ばれている。

★キャロル……白くて長毛な、鴨井が長年かわいがっていた猫。気位の高い姫君。

内容説明

僕、ダックスフントの“フンフン”。大好きな藍ちゃんもついに大学生…ってどうしたの藍ちゃん、なんか毛皮が爆発してるよ!!イメチェンとやらに失敗して落ち込む藍ちゃんに、鴨井が美容師の妹・燿里を紹介してくれた。そこで藍ちゃんは、キャロルの死について鴨井家にわだかまりがあることを聞いちゃったみたい。自分のせいだと悩む藍ちゃん。気にしなくていいと強がる鴨井。もう!お互いを気遣うのはいいけど、ちゃんと言わなきゃ伝わらないよ!あと一歩が踏み出せない、両片想いの恋の結末は―?

著者等紹介

竹岡葉月[タケオカハズキ]
1999年度ノベル大賞佳作受賞を経てコバルト文庫よりデビュー。以降、少女小説、ライトノベル、漫画原作など多方面で活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。