富士見L文庫<br> 女王オフィーリアよ、王弟の死の謎を解け

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

富士見L文庫
女王オフィーリアよ、王弟の死の謎を解け

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年03月01日 20時53分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040745718
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 王弟のジョンが何者かに殺された。
一時は本当に死んだと思われたが、彼はなんと一命を取り留めたのだ。
しかしオフィーリアは、ジョンは“生き返った”のではないかと疑念を抱く。そう、自身と同じ、妖精王リアの呪いで。
そうなれば、最期の願いを叶えない限り、ジョンは再び十日後に死ぬ。
 焦りを募らせるオフィーリアは、不本意ながらも王配であるデイヴィットに助言をもらいつつ、犯人を探し始める。
だが【犯行が可能】な容疑者はおらず、まるで透明人間の仕業のようで……!? 
女王が謎に迫る王宮ミステリー第二弾! 

内容説明

王弟のジョンが何者かに殺された。一時は本当に死んだと思われたが、彼はなんと一命を取り留めたのだ。しかしオフィーリアは、ジョンは“生き返った”のではないかと疑念を抱く。そう、自身と同じ、妖精王リアの呪いで。そうなれば、最期の願いを叶えない限り、ジョンは再び十日後に死ぬ。焦りを募らせるオフィーリアは、不本意ながらも王配であるデイヴィットに助言をもらいつつ、犯人を探し始める。だが“犯行が可能”な容疑者はおらず、まるで透明人間の仕業のようで…!?女王が謎に迫る王宮ミステリー第二弾!

著者等紹介

石田リンネ[イシダリンネ]
第13回えんため大賞ガールズノベルズ部門二期優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

48
新刊、シリーズ第2弾。タイトル通り、今度は王弟ジョンが殺される。妖精王リアの呪いを成就すべく10日間だけの真相解明とジョンの願いを叶えるために奔走するオフィーリア。今回も勢いで一気読みしてしまうスピード感でした。ブロンズ像の真相については割と序盤から想像できたいたので当たっていて嬉しかったw今回はジョンの命が懸かっていることもあり、オフィーリアの茉莉花のような華麗な頭脳プレイが印象的でした。シリーズが続くとしたら…次回狙われるのは確実にデイヴィット?恨みも関わってきた人も多そうなので楽しそう♪2022/06/24

るぴん

35
まさかの第2弾。設定上、続きは出ないと思っていたので、ちょっとびっくり。王弟ジョンが撲殺され、妖精王呪いによって生き返った。またしても女王オフィーリアは、殺害犯探しと弟の最期の願いを知るため奔走する。前作でも思ったけれど、ジョンが素直でいい子すぎる。王位に就いた後、周囲に騙されなければいいけれど…と心配になってしまう。最期の願いもそんなことなの⁈と思うほどの純粋さ。反対に王配デイヴィッドは相変わらず喰えない奴だけど、オフィーリアとのやりとりはわりと好き。第3弾はあるのかしら?2022/06/21

よっち

32
今度は王弟のジョンが何者かに殺された。女王オフィーリアは弟の最期の願いを叶えるべく真相を追い求める王宮ミステリ第二弾。ジョンがなぜか一命を取り留めた理由が妖精王リアの呪いではないかと疑念を抱くオフィーリア。不本意ながらも王配であるデイヴィットに助言をもらいつつ、犯行が可能な容疑者がいない事件の真相に迫る展開で、生き返るとなぜか悔いが残らないよう積極的になるのには苦笑いでしたけど、事件の真相を突き止めたら突き止めたで妖精王もなかなかえげつないですね…妖精王の呪いとは果たして何なのか、続巻に期待ということで。2022/06/14

陸抗

27
今回はオフィーリアの弟ジョンが殺され、妖精王リアの呪いで生き返る。ジョンの死の間際の願いは分からないまま、犯人探しは始まる。今回も数人の犯行なのかと身構えていたので、その辺りには驚きはなかったけれど、王弟の婚約者なのに浮気して、浮気相手と本気で結婚を望むマーガレットの身勝手さと、そんな彼女の浮気相手の考えは、最後まで理解出来なかった。王配のデイヴィットも身勝手と言えば身勝手なので、王冠に触って妖精王リアの呪いにかかればいいのに。2023/01/05

しぇん

24
そう続くのかという二巻でした。ジョンが妙な方向で強くなってしまってしまってますが、オフィーリアと対照的な覚醒ではあるのかなと。まだ復活ネタでいくのか、別方向にいくのか。復活縛りは厳しくなっていきそうですがどうなるのか気になります2022/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19695315
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。