富士見L文庫<br> あやかし極道「鬼灯組」に嫁入りします

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

富士見L文庫
あやかし極道「鬼灯組」に嫁入りします

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月05日 16時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040745381
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「次期組長を選んでもらおうか、花嫁殿」甘くキケンな嫁入りファンタジー。

内容説明

黒塗りの車にぶつかり、無理やり組に連行された葛野華が出会ったのは、麗しい美形の妖怪―鬼夜叉の漆季と、九尾の狐の狛夜。なんとここはあやかし極道「鬼灯組」だった。祖母の形見・翠晶が妖怪の宝物らしく、その力で彼らの本性を暴いてしまった華は、対の宝物・玉璽を捜し出さないと命はないと脅される。さらに、華が逃げないよう「次期組長の花嫁にする」と宣言されてしまった。最強の漆季と若頭の狛夜、対立が激化する次期候補の二人に迫られながら、キケンで刺激的な極道暮らしをすることになり…!?

著者等紹介

来栖千依[クルスチイ]
秋田県出身。2018年に『紅茶執事のお嬢様』(ビーズログ文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっしー

18
タイトルが気になって手に取ったのですが…どうも読みにくいと感じる部分が多く、読み進めるのに苦戦しました。設定としては珍しくて良かったのですが…。ただ、華の手首の痣の謎や、過去に結婚を約束した相手などがまだ分からないままなので、とりあえず続編を読もうと思います。2023/08/03

にゃうぴょん

13
面白かったです。あやかしと極道の組み合わせが意外にしっくりきます。自分に自身のなかった華ちゃんの成長がめざましく、これからの三人が気になるので続編希望です。個人的にヒーローには狛夜さん推しです。2022/08/05

Yumi

12
《図書館本》鬼灯の〇〇と内容がほぼ同じで驚きました💦妖を題材にしたものは同じようなものになってしまうんですかね??2022/09/29

水無月冬弥

8
来栖千依先生(@kurusu_chii)の #ラノベ ヒロインと恋人候補2人の話ですが、まだ本格的な恋愛&恋の鞘当てには至っていない模様。手首の痣の伏線もありますし、これから二転三転するのかな? 個人的には、漆季推しかなあ。それにしても、あやかし×極道って、ぬらりひょんの孫を思い出すなあ、何もかも懐かしい。 2022/06/11

色素薄い系

4
玉璽どうやって盗み出したのかとか謎のまま終わったんだけどどういう事だったんだ…組長に呪いかけた理由もよく分からんまま終わったし…狛夜、漆季の関係や組のみんなに華が認められていく事で自信を持っていくのは良かった。狛夜の恋心はかつての想い人からスライドされちゃったけどあれは良かったのか悪かったのか…まぁ華を華として認識し直したからそこはいいんだけどさ。両親の死と男運の悪さみたいな謎もそのうち明かされるのかな?後者は痣絡みだったりする…?2023/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19618998
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。