ドラゴンノベルス<br> 田中家、転生する。〈3〉

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

ドラゴンノベルス
田中家、転生する。〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月15日 04時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040741628
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

エマの参加した夜会で、まさか通じた皇国語(がいこくご)。
今度は外交問題に巻き込まれるのだが、一家の関心は皇国産の日本食。
お味噌にお米、鰹節!
念願の食材を手にすべく、メルサは単身皇国へ。
一方、歯止め役の消えた王都では、学園で事件が起きたり、漁師やスラムを救ったり、果てはエマが聖女になったり――イベント多すぎ!?
波瀾の王都編、続きます!

内容説明

エマの参加した夜会で、まさか通じた皇国語。今度は外交問題に巻き込まれるのだが、一家の関心は皇国産の日本食。お味噌にお米、鰹節!念願の食材を手にすべく、メルサは単身皇国へ。一方、歯止め役の消えた王都では、学園で事件が起きたり、漁師やスラムを救ったり、果てはエマが聖女になったり―イベント多すぎ!?波瀾の王都編、続きます!

著者等紹介

猪口[チョコ]
「小説家になろう」から『田中家、転生する。』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

宇宙猫

16
★★★★★ 機能するニャコムに 歩くグーグル、かなり羨ましい。ハットリやらイモコやら何でもありで楽しかった。D2022/06/24

しましまこ

15
爆笑のチベットスナギツネ!もっとにゃんこに埋もれる毎日が読みたいよ。2021/08/09

TAMA

14
肩ひじ張らない小説で読みやすいし、悪い奴はひどい目に合うし、大体思い通りの展開にできて良かったねになる。寝しなに読んで「明日も何とかなるだろう」って思える本(まあ、超絶美少女でないとそううまくはいかんだろうが)。ウデムシ、やっぱりどう読んでもGな気がしますが、スカートの中や陣形組む姿読み飛ばしなした。さて、お米に釣られて他国を救う(くまさんもそんなこと言ってたな)戦いへ。2021/11/09

nishiyan

10
スラムでのお泊りなど問題ばかり引き起こすエマ。業を煮やした母エルサの命でマナーの鬼の異名を持つ祖母ヒルダの元でマナー修業の日々を送るのだが、招待された王家主催の晩餐会でやらかしてしまう王都編第二弾。前世日本と非常に似ている皇国存亡の危機に巻き込まれてしまうエマ。並行して人助けやら何やらとフラグを立てては解決する無双っぷりは相変わらず。しかしイケオジハーレムまで作るのには恐れ入った(笑)。エルサの掘り下げもあった点が面白く、皇国の抱える問題はかなりの難題だが、一家はどうこの危機を救うのか。次巻が楽しみ。2021/08/06

速水 僚

2
読み放題、読んでWEB版で続きも一気読み…笑いに笑わせていただきました。久しぶりにホントに笑えた。笑いって大事ですよ。一家で全員転生、飼い猫も転生して、なんだかんだチートしてますね。内面が35+16歳…ってことは実はアラフォーではなくアラフィフなのではと突っ込み入れてます。間違いなく購入予定本になりました。何分予算画あるのでじわじわ購入します。期限までに再読予定本です。2022/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18225962

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。