富士見ファンタジア文庫<br> 追放魔術教官の後宮ハーレム生活

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
追放魔術教官の後宮ハーレム生活

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年06月30日 00時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 314p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040740690
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

異世界転移した俺は、外れスキル『魔力錬成』しか持たなかったため、問題を抱える姫様ばかりの後宮に追放される。 だが、スキルの真価が分かり、彼女たちの問題は続々解決! 俺は幸せになった姫様にモテまくり!?

内容説明

「ここは後宮。あなたのためのハーレムです!」きらびやかな宮殿に色とりどりの美少女。そして俺は、そんな姫たちに愛される後宮の主。まるで夢みたいな生活だ―数か月前、俺は異世界に召喚されたが、“掃きだめ”と呼ばれる後宮に追放されてしまう。だが、そこに居たのは可愛い姫ばかり!さらには、ゴミだと思われていた『魔力錬成』が魔力を自由に操作できる最強のスキルだと判明。その力で俺は魔術教官となり、姫たちを最強の“後宮部隊”へと育てていく!一方、俺を追放した勇者と王女は一切活躍ができないまま。最強になった俺と、自分を慕う姫たちの快進撃が今、始まる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

25
★★ タイトルとあらすじがかなりツボにハマったので購入した作品。全体的にとりあえずウケる要素(ハーレム・ざまぁ・俺TUEEEE・百合?)を組み込んでおけば良いだろ感が強く感じられた印象。確かにそういった考え方も悪くないと思うし、実際個人的にはジャンルで見ればなかなか面白かったと思う。ただ、いかんせん複数の要素を詰め込むあまりに一つ一つの良さがあまり発揮されておらず、その上ハーレム物という事でヒロインも複数登場する割に、それぞれの出番が少ないせいで彼女達に感情移入どころか共感すら覚える事が出来なかった→2021/06/13

サケ太

8
外れスキルが有用に。追放された青年が少女たちを助け、助けられる物語。綺麗な感じ。2021/04/29

真白優樹

8
異世界に召喚されるも、ハズレスキルと判断され追放された青年が、後宮の訳ありの姫達と出会い始まる物語。―――原初の力こそが全てを始める、魔法の鍵。 王道ど真ん中、ストレートな異世界モノな物語であり、好感の持てる登場人物達が多く、ヒロイン達が魅力的であるが故に安心して読める物語である。 一つの事件を解決し知らしめた、自分と彼女達による力。果たして、真の勇者となった青年は姫達と共に今度はどんな敵を相手にする事になるのか。最強の力の集合体は、何処まで強くなっていくのであろうか。 次巻も勿論楽しみである。2021/04/21

nawade

4
★★★☆☆ Web版未読。勇者召喚に巻き込まれゴミスキルしか持たないと見なされた主人公が前勇者に見捨てられた掃き溜め後宮の主人となり、姫たちの魔術指導を行い最強の後宮部隊を育成する神姫育成ファンタジー。一種のザマァ系だが左遷先が美姫が集う後宮でハーレム展開どころではなくハーレムそのもになだけに胸糞展開は控え目というか、メチャ羨ましい。。ただ、なろう化により作者の個性が薄めになっていたのは残念。2021/04/21

takave

1
この世界には勇者リンが必要なのでは。2021/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17709780

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。