ドラゴンノベルス<br> 田中家、転生する。〈2〉

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

ドラゴンノベルス
田中家、転生する。〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月15日 23時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040739533
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

辺境を襲った魔物災害から一年。田中家は3兄弟の入学のため一家総出で王都にお引っ越しすることに。もちろん猫達も一緒です。しかし待ち受けるは右も左もお貴族様だらけの学園&社交界。試される礼節、派閥争いの影も忍び寄る王都で、元庶民の一家は目立たず平穏に暮らすことはできるのか!?転生一家の異世界奮闘記、第二弾!

著者等紹介

猪口[チョコ]
「小説家になろう」から『田中家、転生する。』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しましまこ

20
王都でますます残念が際立つ田中家、隙あらばにゃんこに埋もれてるよ羨ましい。中でも港/エマがヒドイよ、次巻も楽しみ。2021/01/24

宇宙猫

15
★★★★★ 王都学園編って感じ。学園で派閥に群れない名家の子女達とお友達になる。魅了のスキルでも持っているかのように男子の心を射抜いていくが、アラフォーだからイケオジにしかときめかず男子たちが哀れ(笑)。嫌がらせを天然でスルーするんだけど、そもそも中身が大人だから子供の嫌がらせなんてどうってことないし、相変わらず好き放題なのが楽しい。馬&番犬代わりの巨大猫達もかわいい。2022/05/14

瀧ながれ

15
一家そろっての転生は、日本人だったときのの価値観が一つ屋根の下で統一されているので、現在の世間とズレがあっても、良くも悪くも修正されないのだな。そこがおもしろいんだな。と改めて思いました。楽しい作品です。そのうえ、なにしろにゃんこたちが愛らしく頼もしい。巻末の特別編のにゃんこたちも、とてもステキでした。無自覚に騒動を呼び込むヒロインが、またもやややこしい事態を呼び込んだらしい結末に、次巻の刊行が楽しみでなりません。2021/05/05

TAMA

13
すっごく楽しみにしているシリーズ。1もたいがい笑ったが今回も男尊女卑の悪役ヒール君、さあ可哀想な目にあってくださいね。田中家みんなちょっとずつ残念でカッコよくて、軽やかに難局に立ち向かって笑っている。愛されヒロインは意地悪されても気が付かずにポジティブ。楽しい気分にしてもらいました2021/04/27

梅みかん

10
今回も面白い。エマが学園で社交界で無自覚無双してる。田中家の服飾関係技術レベルがカンストしてる。父の娘溺愛トークも面白い。2024/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17220730
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。