ドラゴンノベルス<br> 刹那の風景〈2〉68番目の元勇者と竜の乙女

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

ドラゴンノベルス
刹那の風景〈2〉68番目の元勇者と竜の乙女

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 13時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040740003
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

弟子アルトとの旅を続けるセツナ。道すがらいろいろなことに興味を示すアルトと、そんなアルトを慈しむセツナの旅は、ゆっくりとしながらも着実に進んでいた。そんなある日、二人の様子を奴隷商が奴隷を連れていると勘違いした獣人の二人組がセツナに襲い掛かってきて――。
さまざまな人々とのかかわりの中で、疑念、嫉妬、情愛・・・セツナに対するアルトの複雑な感情が、師匠と弟子という関係に変化をおこす。そして洞窟の中で出会った美女トゥーリとの出会いが、セツナたちの間に「家族」という新たな関係と役割をもたらすのだった・・・・。




内容説明

クットへ向けて旅立ったセツナは、獣人の弟子アルトを連れていたせいで、謎の男女から獣人を虐待する奴隷商人と疑われるが、なぜか彼らと一緒に旅を続けることに―。愛を語る宿の主人、人間を憎悪する獣人族、葛藤するアルト…様々な感情を受け止めた末に、セツナは、洞窟で不思議な女性と出会う。その瞬間、セツナの運命が動き出すのだった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

碧海いお

10
1巻を読んで続気が気になったので読んでみましたが、ファンタジーの世界で刹那と1巻で仲間になったアルトが旅をする話なのだろうか?今回は竜族の少女に出会う。2022/03/25

ブラフ

9
【図書館】巻題にもある通り、ガーディルを出たセツナとアルトは山越えの途中で滑落し、竜族の少女に出会う。ちょっと話が唐突すぎてついて行けてない^^; 何か理由があるようだけど今はまだ語られないので、次巻以降楽しみにしたい。2021/09/18

さなえ

7
セツナとアルトの旅は続く。何度も繰り返される獣人と人間の問題。そうそう簡単によかったねとはならない。そしてトゥーリ登場。クッカと。勇者の方もいろいろある。勇者サイドはweb版とはかなり違う模様。2022/06/22

4
幽閉されていた竜の乙女と出会う。クッカと名付けて婚約する。やはり物語は淡々と進む。2023/03/23

あやさと(彩里)

3
奴隷商人と間違われて襲われても、報復せずアルトへの教育の姿勢を見せて、襲撃者の心の闇に接する。と言えばほんわかするが圧倒的な力の差がある故の余裕からくるもの。相手を対等と見てないからなんだろうな。普通の人なら大怪我したり死んだりでアルトに深い心の傷を負わせていただろうに。 竜族の乙女との関わりも、恋 一目惚れと自己評価していたが一体になった過去の勇者の記憶からくる衝動っぽいし、脅迫していくスタイル 人との 距離の接し方に不慣れを示したいのかもだけど、やはり気持ち悪い。刹那は人として歪なのを上手く描いてる?2022/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18032552
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。