富士見L文庫<br> うぐいす浄土逗留記

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

富士見L文庫
うぐいす浄土逗留記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 10時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040739137
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

民話や伝承を好む大学生・伊緒は、二十歳の誕生日を境に見知らぬ世界へと誘われる。妖怪や人でないものが住まう異郷で、助けてくれた白蛇の化身の青年・七郎に恩を返すため、手探りの生活を始めることとなり……?

内容説明

民話や伝承を好む大学生・綿良瀬伊緒は、二十歳の誕生日を境に見知らぬ異郷“うぐいす浄土”へと誘われる。どこか懐かしい、山奥の寒村を思わせるその里で、色白な青年・七郎と出会う伊緒。彼曰く、ここは人ではないものが住まう隠れ里で、元いた場所に帰る方法はわからない―。たまらず飛び出す伊緒だったが、危険な妖怪に襲われ、助けるために力を使った七郎が傷ついてしまう。彼もまた人ではない、里を護る白蛇の化身だったのだ。救われた恩を返すため、伊緒の昔話のような異郷生活が始まる。異郷に誘われた女子学生と白蛇の化身の青年による懐古と恩返しの物語。書き下ろし。

著者等紹介

峰守ひろかず[ミネモリヒロカズ]
2008年『ほうかご百物語』で電撃文庫からデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっしー

30
峰守さんの作品を見つけ、手に取りました。不思議な隠れ里に迷い込んだ伊緒が、昔話を参考にそこで起こるあれこれを解決するお話でした。作品に出てくる昔話、知っているようでうろ覚えの物も多く、色々と読み返したくなりました。サクッと読めて良かったです。2022/10/31

MATSU

29
初読みの作家さんです。昔話の世界に入ってしまった主人公のお話。おとぎ話だからなのか全体的にフワッとしていて、私はちょっと話に入り込めないまま終わってしまいました。ちょっと題材が好きなだけに残念でした。2022/11/10

虚と紅羽

16
異類婚姻譚ものだったか。もっと昔話が絡んでくるかと思ったけど、予想より主人公ちゃんと白蛇様の話が多かった。 童話、昔話系統はかなり好きで読んでる方だと思うけど、鶯浄土とかは全然知らないな。それも民話になってくるともっと知らないし。 設定がぽやっとしてる気がする。言ってることは分からんでもないけど、なんだかほわんとしている、みたいな。設定?仕組み?そういうのをもう少し説明していただきたかった。 にしても主人公ちゃんが変に大胆。そのおかしな大胆さがなければ帰る切っ掛けを掴むことも出来なかったのは確かだけどさ。2021/01/11

イシカミハサミ

15
峰守さんの作品はとても久しぶり。 民話版神様の御用人。みたいな。 基が物語で人物はその中から引いてくるだけになるから、 どうもオリジナリティを感じない。 しかも混ざってるし。 今のも昔のも評価は変わらず、 テーマと空気感は好きだけれどそれ以外ハマらない。2021/03/29

ひぬ

15
異郷に迷い込んでしまった不器用な女子大生と白蛇の青年が織り成す恩返しの物語。話は割と王道で、前いた現世への帰る方法の模索や自分探しだったりときっちりしたテーマが一貫としてありました。忘れさられた昔話を題材としており、日本の昔話をあまり知らない身としては、ちょくちょくと調べながら読んでいたので、色々と勉強になりました。さっぱりとした印象でしたが、面白かったです。話も綺麗に纏まっており、優しい雰囲気の作品でした。2021/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16956478
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。