富士見ファンタジア文庫<br> ナゾトキ女とモノカキ男。―未来を写すカメラと人体消失

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
ナゾトキ女とモノカキ男。―未来を写すカメラと人体消失

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 00時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040738864
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

彼女の趣味と、未来を写した写真が、僕の物語を非日常に変えた。

内容説明

未十士早來は怪物だ。あらゆる道を極め、そのどれもがプロ級の腕前でありながら、彼女はそれをただの趣味だと言う。いつしか付いたあだ名が“史上最強のアマチュア”。そんな彼女の最近の趣味―謎解きに毎回付き合わされる僕はといえば、作家を夢見るだけのただの凡人。だけど彼女との共通点もある。それは“超理具”と呼ばれる不思議な道具を所持しているということ。未十士は「未来を写すカメラ」を、そして僕は「時を巻き戻す時計」を持っている。“超理具”の謎を追う僕らはやがて学園で起きた、巷を騒がす都市伝説「人体消失事件」に巻き込まれていき…!?学園青春“不条理”系ミステリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ツバサ

20
軽い学園青春ミステリーと思っていたら雰囲気がガラッと中盤で切り替わって、わりと重みのある展開に膨らんでいったのは驚きました。主人公とヒロインの関係性は素直になれない者同士でお似合いでした。2020/12/20

イシカミハサミ

16
タイトルとか表紙の印象以上に異能(不思議アイテム)が跋扈。 主人公はモノカキを目指しているので、 あんまり三次元が面白い仕様だとリアリティがなくなるからそこは気になるところ。 “そういうもの”として読めば楽しめる作品と思う。 ヒロインは押しが強い。好みによるかしら。2021/04/02

T

16
作家を夢見る少年・唯乃壱時は、“史上最強のアマチュア”と称される未十士早來の趣味である謎解きに付き合わされていた。二人が追いかけるのは、不思議な力を持つ”超理具”が関わる事件とその謎。”超理具”を巡る学園青春SFミステリ―開幕。本作のメインである”超理具”による事件とその謎解きは勿論、やたらと絡んでいく早來となんだかんだ言いながらも彼女に付き合う壱時のコンビ活動も面白かったです。二人の前にどんな超理具や事件が待ち受けるのか、今後の二人の活躍が楽しみです。2020/12/26

かっぱ

15
多彩な趣味どれもがプロ級の少女と作家を夢見る凡才の少年が"超理具"と呼ばれる不思議な道具を軸に描かれる青春ミステリ。興味があることにはどこまでも行動的な早來と小説を書く時間をなんとか確保したい作家志望の壱時のアンバランスなコンビは読んでいて気持ちよかった。口ではどうこう言いながらも押しに弱い壱時、嫌いじゃない。扱ってる題材もミステリを名乗るにしては未来を見通したり、時を巻き戻したり、万能すぎる超理具は物語のノイズになりそうだと危惧したけど、意外と物語に馴染んでいて瑞々しい青春とナゾトキを楽しむことができた2020/12/20

真白優樹

14
ありあまる才能を趣味に費やし最強のアマチュアと呼ばれる少女が、小説家志望の少年を振り回しながら不思議な道具が絡む事件を追いかける物語。―――不思議に隠した本当の気持ち、それはただ一人への思い。 不思議な道具とそれを巡る人々の思惑が巡り交錯する、ミステリーというにはSF色が強い物語であり、凸凹コンビな二人が夫婦漫才的やり取りを繰り広げながら謎を追う。ちょっとノスタルジックな香りもする、普遍とは違うからこそ面白い物語である。謎の尻尾は遥か先。果たして二人は真実へ辿り着けるのか。 次巻も須らく楽しみである。2020/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16995994

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。