富士見ファンタジア文庫<br> キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦Secret File〈2〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦Secret File〈2〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月08日 01時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040737317
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

アリスと燐の帝国潜入……という名のコスプレ大会!?――『波乱の仮装大会』 ニューイヤーレターを巡って使徒聖たちが大暴れ!!――『天帝直属、最上位戦闘員』など珠玉の短編集第二弾!

内容説明

少年・少女たちの更なる秘密が白日の下に―ルゥ家の可憐な三姉妹が遂に直接対決!?王女の品格を競う三番勝負、開始!!―『完全無敵のお姉さま』最上位戦闘員・使徒聖。帝国を代表する彼らが何故かニューイヤーレターを巡って大暴れ!?―『天帝直属、最上位戦闘員』師匠の訓練に最後まで耐え抜いた2人―の片割れであるジン。凄腕狙撃手、そしてイスカの相棒であるジンが幼少期に師匠から預けられた言葉とは―『世界が知らない予言』ドラゴンマガジンに掲載された短編に書き下ろしを大幅追加した、大人気シリーズの短編集第二弾!

著者等紹介

細音啓[サザネケイ]
第18回ファンタジア大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

30
予算を使い果たし帝国の美の巨匠の下でアルバイトをすることになった第九〇七小隊の面々、ピーリエと小隊のスパイ潜入訓練対決、帝国の属国潜入任務でコスプレ大会に参加するアリスと燐、星丁王家三姉妹の品格対決、予算獲得を巡って使徒聖たちがニューイヤーレターの配達対決をする短編集第二弾。こういうコミカルな展開になると、活きてくるのはやはりポンコツキャラやだったり、意外な一面を見せてくるキャラだったりするわけですが、どんな展開でも存在感があってじわじわ効いてくるアリスと燐主従は流石ですね(苦笑)最後の話も良かったです。2020/12/19

芳樹

26
【電子】表紙に描かれた愛らしいシスベルが目印。シリアスな本編の箸休め的な作品集。帝国サイドではイスカたち907部隊のメンバーがドタドタと、皇庁サイドではアリスたち三姉妹や燐がバタバタと活躍する、思わずクスッとなるコメディでした。10巻と11巻の間に挟まれた907部隊誕生の裏話も語られて、読み応えのある短編集です。2020/12/21

nishiyan

15
ドラゴンマガジン掲載の短編に書き下ろしが追加された短編集第二弾。第907部隊の予算枯渇から音々を除く三人で人間国宝の元でアルバイトする話。ミスミス隊長の自称ライバルとの訓練を交えた対決する話。アリスと燐が帝国側の都市で仮装コンテストに参加する話。アリス&シスベルがタッグを組んでイリーティアと競う話。そして907部隊結成前史となる話と盛りだくさん。いつも以上にポンコツ可愛いミスミス隊長とアリスが活躍していて大満足。結成前史はミスミス隊長の謎が残されたままだが今後描かれるのかしら。続巻に期待です。2020/12/30

げんごろう

10
アルバイトするイスカ達やコスプレするヒロイン達等々。どのエピソードもコメディ全開で面白かったです。 アリスとシスベルのポンコツっぷりも最高に可愛かったですし、師匠とジンの逸話も必見。 番外編として大満足な一冊です。2020/12/28

尚侍

6
面白かった。今回もギャグ成分多めで楽しかったのですが、本編あっての短編集なので、そろそろ本編の方も出て欲しいところですね。しかし細音先生と言うとファンタジーという印象が強いのですが、前回もそう感じましたけどMF文庫Jあたりで日常系ドタバタラブコメを書いても面白いのかもしれませんね。最近またその手の甘々な展開が流行りつつある気がするので、いつかそういう作品にチャレンジしてもらいたいですね。2021/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16995140

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。