ドラゴンノベルス<br> 田中家、転生する。

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

ドラゴンノベルス
田中家、転生する。

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月15日 03時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040735962
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

平凡を愛する田中家はある日地震で全滅。
異世界の貴族一家に転生していた。
飼い猫達も巨大モフモフになって転生し一家勢揃い !
ただし領地は端の辺境。魔物は出るし王族とのお茶会もあるし大変な世界だけど、猫達との日々を守るために一家は奮闘 !
のんびりだけど確かに周囲を変えていき、日々はどんどん楽しくなって――。
一家無双の転生譚、始まります !

内容説明

異世界でも、ずっと一緒に。“ポンコツ一家”+“猫4匹”の異世界転生譚、、賑やかに開幕!平凡を愛する田中家はある日地震で全滅。異世界の貴族一家に転生していた。飼い猫達も巨大モフモフになって転生し一家勢揃い!ただし領地は端の辺境。魔物は出るしお茶会もあるし大変な世界だけど、猫達との日々を守るために一家は奮闘!のんびりだけど確かに周囲を変えていき、日々はどんどん楽しくなって―。一家無双の転生譚、始まります!

著者等紹介

猪口[チョコ]
「小説家になろう」から『田中家、転生する。』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

瀧ながれ

27
辺境貴族の5人家族は、あるとき、自分たちの前世が日本の田中家家族であることを思い出した。厳しく危険な辺境の生活に、日本人の知恵を活かして、ついでにかわいがっていた猫とも再会して、満ち足りてマイペースに進んでいく異世界ライフ。猫との再会シーンが、泣けた。わたしも異世界転生したら彼女たちにあえるのかしら。ヒロインである長女の活躍がメインになっているので、次の巻などありましたら、兄と弟にも見せ場をぜひ。ところで、長男が航で長女が港なのに、次男の名前が平太というのはいかがしたものか?2020/06/14

しましまこ

22
一家5人が揃って異世界転生。しかも飼い猫4匹まで!しかも巨大化!にゃんこに埋もれて寝る、堪らんです~。続きを早く!2020/06/14

宇宙猫

18
★★★★★ 一家まるごと異世界の辺境伯爵家に転生。田舎のせいもあってやりたい放題で楽しい。飼ってた猫が巨大化して登場して乗ったり埋もれたりで羨ましい。2022/04/18

nishiyan

13
猫をこよなく愛する田中家が地震のために異世界の辺境貴族に転生してしまう異世界転生もの。エマが持ち込んだある高級キノコを食べたことで全員が転生したのに気がつくというのは面白い。いつもの点呼で再会を喜び合い、母が前世では実現できなかった孫を抱くという夢のために動き出してからの展開も巧み。一番の読みどころは飼い猫たちとの再会だろう。コーメイがエマとの思い出を語る話は泣ける。そして歴代の飼い猫たちも巨大化して転生するという賑やかさ。過酷な環境から今度は陰謀渦巻く王都へ舞台を移し、一家はどうなるのか。次巻が楽しみ。2020/06/30

りんりん

12
★★★転生したのは家族全員。そして猫『たち』も転生してた。面白かった。猫エピには泣かされた。2020/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15823068

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。