富士見L文庫<br> 上野の神様にこい願わくは―あやかし資料館の大蛇様

個数:
電子版価格
¥704
  • 電書あり

富士見L文庫
上野の神様にこい願わくは―あやかし資料館の大蛇様

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 22時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040734705
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

夜の不忍池から現れたびしょ濡れの男。彼は龍になって空へと消えていった。なぜか兄のスーツケースを持って――。翌日真穂が訪れたのは、龍が向かったと思われる資料館。出てきたのは、美貌の学芸員で……!?

内容説明

「しばらく彼女とかくりよに行く」とわけのわからないことを言って兄が消えた。大学生の真穂は、兄の手がかりを追って上野にある資料館を訪れる。そこで出会ったのは、神々しい大蛇に姿を変えることのできる男、有龍。本業は学芸員だと言って渋る彼を拝み倒して、なんとか兄捜しを手伝ってもらうことに。調査が手詰まりになり、真穂は最後の手段でかくりよに向かう。上野の赤い鳥居を駆け抜けると、そこは別世界だった―東京上野の不忍池には龍がいるという。兄妹の絆が導く不思議あやかし物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっしー

22
タイトルが気になり、手に取りました。隠世に行くと言って姿を消した兄を探しに奮闘する真穂の姿は良いのですが…やや強引で向こう見ずな所もあるので心配でもありました。そこは、大蛇様が上手く手綱をひいてくれるのかな。軽くサクッと読めるので、気晴らしに良かったです。 ただ、せっかくなのでもう少し上野周辺のアレコレがあると良かったなと思いました。2022/12/04

にゃうぴょん

11
面白かったです。真穂ちゃんがまっすぐないい子で楽しく読めました。キモ可愛い河童の太郎くんがかわいいです。真穂ちゃんと洸さんの組み合わせがもっと見たいので続編希望です。2020/06/16

koto

7
kindle unlimited ライトノベル2023/07/08

わぴねむ

7
帰ってこない兄を、大蛇様と一緒に探すお話。テンポもよくてするする読めた。大蛇様かわいいやん…。2021/03/10

ううち

6
上野にある不忍池に、失踪した兄を探しにきたヒロイン×イケメン大蛇という、ちょっぴりファンタジーな可愛らしいお話で、恋愛要素は控えめ。よく知られる妖怪などもキュートに描かれていてサクサク読めました。2021/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14949268
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。