富士見L文庫<br> 雪華後宮記―宮女試験とユーレイ公主

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
雪華後宮記―宮女試験とユーレイ公主

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040726083
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

宮女試験で待っていたのは無理難題と幽霊公主? 後宮謎解きファンタジー!亡き母によく似た貴妃に会うために宮女を目指す見習いの雪。挑んだ宮女試験で待っていたのは、匂いのしない香の落ち葉探し。戸惑う雪の前に、更に半年前に亡くなった公主・リィリィの幽霊も現れて――。

在原 小与[アリハラ サヨ]
著・文・その他

伊藤 明十[イトウ アキト]
イラスト

内容説明

「春の祭祀」の際、亡くなったはずの母と同じ顔をした貴妃に出会い、母かどうか確かめるべく宮女を目指すことを決めた雪。見習いから宮女への昇級試験の内容は「匂いのない香の元になった落ち葉を探す」という超難題。こたえの手がかりを探すために訪れた宮で、雪は半年前に亡くなった公主・リィリィの幽霊と出会う。雪は「自分を殺した犯人を捜して!」と迫るリィリィに困惑し、更には宮への侵入をリィリィの弟である雅風皇子に咎められ、賊だと疑われてしまい!?WEB発、後宮謎解きファンタジー開幕!

著者等紹介

在原小与[アリハラサヨ]
石川県出身。2013年、集英社コバルト文庫よりデビュー。2017年、第二回カクヨムweb小説コンテスト恋愛部門を『雪華後宮記―宮女試験とユーレイ公主』(改題前:「雪 シュエ―宮女試験と幽霊公主」)にて大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

55
ものすごく文章が読みにくい。主人公の雪がいま置かれている状況がとてもわかりづらいのだ。文章を丁寧にリライトするだけで、物語が活きてくると思う。2018/03/02

ぐっち

25
女官試験かと思いきや、殺人犯探し、かと思いきや別の殺人の犯人容疑?次々と目的が変わり、設定も後出しが多く、若干読みにくかったです。そんな中でも風がいい感じなのはよかった。謎持ち越しなので続くかな?2018/03/23

はせ

6
中々面白かった。 まだまだ物語は始まったばかりのようなので、次を待つ。 最近、中華後宮物 流行ってるのかな。 個人的には好きなんですけもね。2018/02/26

yamakujira

4
後宮の貴妃が母親に似ていたことから、確かめるべく宮女の試験に挑んだ王雪は、後宮で半年前に亡くなった公主の幽霊に出会う。さらに引きこもりの第9皇子とも懇意になり、殺人事件や暗殺未遂事件に巻きこまれていく。幽霊だったり能力者だったり漫画みたいな展開だったりも、このレーベルだからかまわないんだけれど、なにも解決しないのは続編ありきなのかな。でも、この文章力でシリーズ化はつらいかも。売れたら続編ってつもりなら作者に失礼だし、WEB発だと担当編集者も文章をいじらないのかねぇ。 (★★☆☆☆)2021/12/24

さくら♪

4
「彩雲国」シリーズに出会って、中華歴史ファンタジーの世界へ足を踏み入れました。学校の勉強では地味で分かりづらいと思われがちな東洋史だけれど、入口を変えたら面白そうと感じる人も増えるんじゃないかな・・・。本との相性は十人十色。一冊まるごとプロローグのようなこの本が、誰かにとってのきっかけの物語になるかもしれません。2019/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12590036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。