富士見L文庫<br> 六道先生の原稿は順調に遅れています〈2〉

個数:
電子版価格
¥319
  • 電書あり

富士見L文庫
六道先生の原稿は順調に遅れています〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 05時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040724737
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

六道先生にライバル出現? 編集女子と妖怪作家のお仕事怪異物語、第二弾!文芸編集の詠見は、作家で妖怪の六道先生を担当中。久々の新作が文学賞を受賞し、正体を明かせない六道の代理で詠見が授賞式に出ることに。同じ受賞者で気鋭の作家・踊場漂吉は、そんな六道が気になるようで……?

峰守 ひろかず[ミネモリ ヒロカズ]
著・文・その他

榊 空也[サカキ クウヤ]
イラスト

内容説明

文芸編集者の滝川詠見が担当するのは、怪奇を喰って物語を綴る、妖怪で作家の六道〓(そう)馬。なかなか原稿の上がらない六道から、詠見が努力の末にもぎ取った久々の新作が、なんと文学賞を受賞した。ところが六道は妖怪故に受賞式には出られない。詠見が代理で壇上に立つものの、同じ受賞者で気鋭の作家・踊場漂吉に怪しまれる始末…。とはいえ先生を売り出すチャンス!と新作を求めて日参する詠見だったが、またもや怪奇事件に遭遇して…?編集女子と妖怪作家の、怪奇×お仕事物語、第二弾。

著者等紹介

峰守ひろかず[ミネモリヒロカズ]
2008年、第十四回電撃小説大賞“大賞”受賞作『ほうかご百物語』で電撃文庫からデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はつばあば

53
アマゾンでの評価はイマイチだったので悩みながら読了。やっぱり読メの方は言葉にするにしても優しいです。私もいい本を読めたと思います。作家さんが心血絞って書かれたものですもの我が子と一緒。六道先生にも詠見さんにも力強い人間の若手小説家・踊場漂吉君を(物ノ怪+人間2人)陣営に取り込めたことが一番の力だと思います。物の怪仲間の加賀見さんには冷たい仕打ちをされているんですもの・・六道先生の淋しい想いも、詠見さんだけでなく漂吉君までもが癒してくれるでしょう2023/01/20

スズ

45
「読みたい本大賞」を受賞したものの、妖怪である六道の代理として受賞式に出席した担当編集の詠見だが、六道のファンの若手小説家・踊場漂吉に質問攻めに。後日、六道邸に新作の執筆依頼に伺った詠見だが、帰り道に錆びた鋏で髪を切り裂く物ノ怪『カミキさん』に襲われてしまい…。六道の作品を読んで前へ進み続ける勇気を貰った沙那、己の罪深さを痛感して消えたいと願った城田等、自分が綴った物語が読者に何を与えるのかは本当に予測がつかない事を痛感した六道の憂いの表情が印象的。六道と恋仲なのではと勘違いされて狼狽える詠見が可愛かった2018/07/19

ネムコ

43
作家は、自分の作品が世間にどんな影響を与えるかには関与できない。誰かの心の支えになるかもしれない。誰かを傷つけてしまうかもしれない。その嬉しいケースと心痛むケースに遭遇してしまった六道先生と詠見。作家と編集者として、また一歩距離が縮まりましたね。踊場先生、好きだな。これから公私ともに盛り上げてくれそうv2018/02/27

アズマ

29
カミキさんか唐突に現れるので何度もゾッとしました。城田先生のところが切なかっです。2019/12/15

あゆみ

25
★★★★★ 続編が出て嬉しい!筆が早く多作な上、扱うジャンルは無節操なまでに幅広い若手作家の踊場漂吉という六道とは対照的なキャラが登場。六道も詠見も丁寧口調なので、踊場という少しチャラいキャラが六道の正体を知る1人として加わることで賑やかになりそう。「僕の素性を知っている作家さんがいれば対談でも競作でもやります」という言質に目を輝かせる詠見の根っからの編集者姿が微笑ましい。2018/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12522777
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。