富士見L文庫<br> ひきこもり作家と同居します。

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
ひきこもり作家と同居します。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月15日 10時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040723952
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

家なし金なし彼もなし。夢を追う唯一の策は引きこもり作家と同居!?学芸員になるべく勉強に明け暮れていたあかり。しかし母の急逝で天涯孤独となり、現実的な問題が持ち上がった「お金がない」。学芸員の夢もここまでか。だが、生活費節約のため引きこもり作家と同居をすすめられ?

谷崎 泉[タニザキ イズミ]
著・文・その他

高野 苺[タカノ イチゴ]
イラスト

内容説明

研究一筋の羽月あかりは母の急逝でお金に困っていた。そんな時、祖母の遺産があることを知る。これで大学院を辞めずに済むと喜んだのも束の間、遺産とは見知らぬ作家の冬臣がひきこもる家だった。ひきこもり冬臣は一歩も外に出ようとしない。あかりは家を売って生活費にしたい。せめて自分が住んで家賃を浮かせたい。困り果てたあかりだったが、お互いの共通点と冬臣の意外な一面に気付き…つい口走った「一緒に住むのはどうでしょう!?」利害の一致から始まる、不器用でバカマジメな二人の優しい共同生活ストーリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

54
ちょっと、性格設定やそのほかの設定に現実感に欠けるところがありましたが、フィクションだと思えば、いいのでしょう。一番気になってしまったのは、三点リーダーの使い方です。2017/08/14

アン

39
遺産相続絡みで大学院生と引きこもり作家が同居し、少しずつ引きこもりの冬臣が心を開いていくという展開なのですが・・・もう少しテンポ良く進んで欲しかった気もします。 冬臣のキャラはヒッキ―だけどちょっと可愛かった。 これは続編ありきで書かれてるのかな。やっと続きが面白くなりそうな感じのところで終わってしまった感じ。2017/10/25

よっち

32
研究一筋だった羽月あかりが直面した母の急逝。困っていた彼女が祖母の遺産である神楽坂の家があることを知り、引きこもり作家のいとこ・冬臣と出会う物語。先立つお金もないまま翌月にも住んでいるところの退去か更新を告げられて決断を迫られるあかりと、人間不信となり引きこもってしまっている冬臣のなかなか進まない周囲も巻き込んでの話し合い。でも心配で冬臣にご飯を作ってあげたり、あかりの性格がさっぱりしていたこともあって、落ち着くべきところに落ち着きましたかね。二人の関係もあかりの今後も続きがあるならまた読んでみたいです。2017/12/07

一五

9
親が亡くなり、苦学目前の院生に、遺産話。それは神楽坂のボロ屋。そこにはヒッキーが。  ひきこもり作家冬臣が なんだかいい感じでなごむ2021/02/23

ひまわり

8
続きが読みたいな。冬臣のペンネーム,書いている本の内容が気になります。2018/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12143003

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。