富士見ファンタジア文庫<br> 冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた〈11〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた〈11〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月28日 23時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 239p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040720760
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

メインヒロイン・加藤恵とのイチャラブシナリオ執筆開始……のはずが!?ゲームシナリオの執筆を通して、英梨々や詩羽との関係を見つめ直してきた倫也。ついにメインヒロイン・加藤恵のシナリオに着手した彼だが、アイデアは湧けど、なぜか筆は進まず……。倫也の心中に、いったい何が!?

丸戸 史明[マルト フミアキ]
まるとふみあき。シナリオライター集団「企画屋」所属のゲームシナリオライター/小説家/脚本家。小説デビュー作『冴えない彼女の育てかた』(ファンタジア文庫)では、原作のみならずTVアニメのシリーズ構成並びに全話脚本も手がける。

深崎 暮人[ミサキ クレヒト]

内容説明

英梨々、詩羽先輩、それぞれをモデルにしたシナリオを執筆したことで、彼女たちの問題をクリアした俺―安芸倫也。伊織にも「最高のモノを作れ」と煽られ、ついに“メインヒロイン”シナリオ『叶巡璃ルート』を書き始めた俺だったが、どうしてもあるイベントで行き詰まってしまっていた。イベント番号:巡璃15 条件:最終ヒロイン選択で巡璃を選択した場合に発生 概要:巡璃、主人公を意識するようになる その内容に満足できず、納得できず、書き直しては消してを繰り返し。そうして、悩みに悩んだ俺が頼った相手とは…。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

129
自分の身近にいる大切な少女達をモデルにしたシナリオを執筆してきた倫也は、ついにメインヒロインシナリオ『叶巡璃ルート』の執筆に取り掛かる。倫也は、巡璃のモデルである恵と実際にイチャイチャしたり、彼女にシナリオを添削して貰いながら、シナリオの完成を目指すが……。倫也と恵の二人が甘々で、読んでいてニヤニヤしてしまった。終盤で恵が漏らした言葉にノックアウトされました。紅坂朱音が語る、作家の筆が遅筆になっていく理由に感嘆しました。自分の作品に対するクオリティに満足出来ず、試行錯誤していく内に泥沼に嵌っていくのは怖い2017/03/01

まりも

77
シリーズ第十一弾は加藤回。「叶巡璃」シナリオを書き始めるも、スランプに陥ってしまう話。加藤の加藤による加藤のための1冊。約2名のシナリオをすっ飛ばしちゃうとか、流石は正妻にしてメインヒロイン。もう格が違いますわ。「嫌なところ、見せるよ?」からの本読みイチャイチャ劇までの一連の流れがあまりにも素晴らしすぎて、もう最高でした。あんなに恥ずかしくて悶えそうになるイチャイチャは滅多に味わえんぞ。悶え死ぬとは正にこの事。更には引きも卑怯だし、加藤回はメインヒロインに相応しいインパクトになりそう。次巻を早く読みたい。2016/11/20

よっち

70
英梨々、詩羽先輩をモデルにしたシナリオ執筆で、彼女たちの問題をクリアした倫也。伊織にも「最高のモノを作れ」と煽られ、ついにメインヒロイン『叶巡璃ルート』を書き始める第十一弾。一瞬冒頭二人相手に頑張ったのかと思ったら全然そんなことなくて(苦笑)一向に進まないメインヒロインルート執筆に迷走する倫也。何というかこれまでの傍若無人ぶりを徹底的にダメ出しされて、それでも傍から見たら甘々で親密以外の何者でもない距離感を改めて自覚した二人のさりげないやりとりに轟沈させられました…ここからどう動いていくのか楽しみですね。2016/11/19

わたー

67
★★★★★本編11冊目にして、真のメインヒロイン爆・誕。恵がかわいすぎるううううううう。エリリや先輩のときのように大きなドラマなんてない。そこにあるのは、ひとつのものを一緒に作る時間と心地好い空気感だけ。だけど、だからこそ、恵の飾らない可愛さがこんなにも光る。前の二人や、当番回を飛ばされた二人とは一線を画す、正にメインヒロインの風格。1巻を読んだときには、まさかこんなにも魅力的に化けるとは誰が想像しただろうか。それだけに、不穏なエピローグが気になる。こんなの待ちきれるわけがないじゃあないか。2016/12/04

かんけー

63
表紙通りの恵回(^.^)♪冒頭、出海ちゃんと美智留が先に絡んでww来るけど正真正銘恵回。倫也の最強ギャルゲー作りは佳境に?出海ちゃんとの会話シーンは色々妄想しちゃって(^_^;)英梨々をライバル視してる彼女にとって今回の「神絵」は正に待望の‼美智留の「神曲」は倫也をワンワン?泣かせて(笑)相変わらず彼女は肉食系やねぇ?今回英梨々が少し?だけ出てきて、某詩羽先輩(♥)はゼロで(ToT)恵がゲームのシナリオにクレームを?倫也曰く「今ここでそれ言う?」と。詰まりはヤキモチ(^.^)読み合わせで黒く成ったり赤く→2016/11/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11212665

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。