MF文庫J<br> 僕の知らないラブコメ〈2〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
僕の知らないラブコメ〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 16時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040698144
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

第13回MF文庫J新人賞、最優秀賞受賞作、待望の第2弾!晴れて希美と付き合うことになった僕、芦屋優太。少しずつ二人のこれからの思い出を作っていこうとしていたのだけど、僕の意図していないタイミングでの早送り能力が発動してしまう。
気づけばクラスの風紀委員、柊木美月の制服盗難疑惑が僕にかけられていた!
どうして僕がそんなことを!?
さらには一緒に風紀委員をすることになっていたり柊木に希美との関係を否定されてしまったりと、僕の日常は変わってしまった……
僕の知らないうちに一体、何が起きたのか、全てを知るために僕は動き出した。
他でもない、希美との未来のために――

「一人じゃ意味がないんだ。希美と同じ場所にいて同じ時間を過ごさないと」

第13回MF文庫J新人賞最優秀賞受賞作!

樫本 燕[カシモト ツバメ]
著・文・その他

ぴょん吉[ピョンキチ]
イラスト

内容説明

晴れて希美と付き合うことになった僕、芦屋優太。少しずつ二人のこれからの思い出を作っていこうとしていたのだけど、僕の意図していないタイミングでの早送り能力が発動してしまう。気づけばクラスの風紀委員、柊木美月の制服盗難疑惑が僕にかけられていた!どうして僕がそんなことを!?さらには一緒に風紀委員をすることになっていたり柊木に希美との関係を否定されてしまったりと、僕の日常は変わってしまった…僕の知らないうちに一体、何が起きたのか、全てを知るために僕は動き出した。他でもない、希美との未来のために―「一人じゃ意味がないんだ。希美と同じ場所にいて同じ時間を過ごさないと」第13回MF文庫J新人賞最優秀賞受賞作!

著者等紹介

樫本燕[カシモトツバメ]
第十三回MF文庫新人賞にて最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒロロシ33

39
電子版で読みました なぜ時が進んでしまうのかいまいち分からず😅 まぁラブラブで良かった🎵 これで終わりなのかなぁ? 2022/02/03

まりも

33
晴れて希美と付き合うことになった優太。二人の思い出を作ろうと奮起する彼に、意図せぬ早送りによるトラブルが起きるシリーズ第2弾。1巻と比べると優太すげぇ成長したなぁ。嫌なことから逃げて、現実からも目を背けていた優太が、希美と過ごす未来を守るために必死に頑張る。その姿はたまらなく眩しくてカッコよかった。希美も希美でいい子やし、めちゃくちゃ可愛いしで、こんな子に想われてるなんて普通に羨ましい。青春の煌めきとパワー、加えてラブコメの面白さ。一粒で二度美味しい、2巻目にしてかなりの安定感出してきたな。2018/03/29

むっきゅー

25
今巻は主人公が前向きになり、スキップに逃げなくなったのがよかった。偶然発動したスキップ中に、風紀委員の柊木さんの制服を盗もうとしたらしく、更正のために風紀委員にさせられていた芦屋くん。超絶美少女で真面目ボッチの柊木さんが、何かにつけ芦屋くんにグイグイくる。なんでこんなにモテるの、芦屋くん。希美の友だちの遠山さんがトラブルに巻き込まれ、過去の因縁が希美を苦しめる展開に。ただ、学校側の対応が悪すぎ。こんな処分あり得るの?あと、普通に警察に通報していい犯罪行為だと思うけど。ラノベと言えど、もう少しリアルさがね。2018/04/21

まるぼろ

21
前巻にて希美と付き合う事となりスキップに頼る事をやめて頑張り始めた優太だったが、ある事を切っ掛けに意図せぬ二週間のスキップが発生してしまい、その事で風紀委員の柊木美月にある疑いを持たれてしまうが…と言うお話です。今巻も良かったです。正直に言えばスキップの事とか柳戸さんの元彼の事とかもう少し違ったやり方があったのでは、と思わなくもないですが、これまた手放しで褒められたやり方では無いですが、優太の行動によって一連の騒動が収束したのは良かったかな、と。他にも希美の、過去にあった出来事によって→2018/04/25

BUNBUN

16
2作目。今回もスイッチ能力の間に消えた時間がストーリーの中心になっていたけど、それよりも普通に希美とのラブコメ要素が強い話でした。新キャラで出てきた柊木はなかなかいいキャラでよかったです。最後シーンはカッコよくてよかったですね。2018/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12699455

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。