MF文庫J<br> なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?〈3〉神々の道

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?〈3〉神々の道

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月23日 14時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040697390
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

メディアミックス続々!「その先」が気になるファンタジー超大作、第3弾!世界は人類が五種族大戦に敗れた歴史へと「上書き」された――英雄シドの剣と武技を継承し「真の世界を取り戻す」決意をした少年カイは、何者かの影響で豹変した蛮神族(ばんしんぞく)の英雄・主天アルフレイヤを撃破。イオ連邦の地にひと時の休戦をもたらす。聖霊族(せいれいぞく)が支配するユールン連邦への案内役として、エルフの巫女レーレーンを加えた一行。だが、凶暴化した巨大なベヒーモスの襲撃で事態は急変。導かれるようにオルビア預言神の祠(ほこら)へと辿り着く。「あなたたちに世界の運命を託したい。この世界は『偽り』です」。ジャンヌに救世主となるよう求める預言神。だが、カイはこの世界での出来事から神の言葉に疑問を抱いていた――大注目のファンタジー超大作、第3弾!

細音 啓[サザネ ケイ]
著・文・その他

neco[ネコ]
イラスト

内容説明

世界は人類が五種族大戦に敗れた歴史へと「上書き」された―英雄シドの剣と武技を継承し「真の世界を取り戻す」決意をした少年カイは、何者かの影響で豹変した蛮神族の英雄・主天アルフレイヤを撃破。イオ連邦の地にひと時の休戦をもたらす。聖霊族が支配するユールン連邦への案内役として、エルフの巫女レーレーンを加えた一行。だが、凶暴化した巨大なベヒーモスの襲撃で事態は急変。導かれるようにオルビア預言神の祠へと辿り着く。「あなたたちに世界の運命を託したい。この世界は『偽り』です」。ジャンヌに救世主となるよう求める預言神。だが、カイはこの世界での出来事から神の言葉に疑問を抱いていた―大注目のファンタジー超大作、第3弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

54
各キャラクターが生き生きしててそれはいいんだけども、私の前巻の内容をすぐに忘れる癖が災いして、ちょっと設定や展開が混乱してわからなくなった。まだまだ続刊は出るだろうし、このへん何らかの形で頭の中を整理せんときついなー、こまったなー。2018/06/02

よっち

39
イオ連邦にひと時の休戦をもたらして、聖霊族が支配するユールン連邦への案内役としてエルフの巫女レーレーンを加えた一行が、導かれるようにオルビア預言神の祠へと辿り着く第三弾。そんなにラブコメっぽい展開ではない感じながらも、いつの間にか増えていくヒロインたちとカイの距離感も気になるところですが、シドに予言を与えた神の存在に一歩先ゆくラースイーエの意味深な一言、そして新たにシドの名前を持つ者たちの存在と、何かがひとつ明らかになるたびに新たな謎がどんどん増えていって、これからどうなるのか楽しみですね。続巻に期待。 2018/04/14

まりも

36
エルフの巫女レーレーンを案内役に加え、カイ一行は聖霊族が支配する地ユールン連邦へと向かうシリーズ第三弾。本来なら居ないはずの幻獣ベヒーモスの襲来。その有り得ない事態が、更なる急展開をもたらす。そんな今回。1巻から謎だった部分が解き明かされると同時に、新たな謎と登場人物がその姿を現し、物語の世界観を更に広げる展開となっていました。ただでさえ壮大な物語なのに、こんだけ風呂敷を広げるとか、期待値の上げ方がハンパない。物語が進めば進むほどに、面白さが増していくってスゴイですね。これは次巻を早く読みたい2018/02/26

BUNBUN

22
3作目。今回もキャラクター、展開、戦闘シーンとどれも満足のいく内容で面白かったです。気になる内容がどんどん増えて行くのでとにかく先が気になります。新しく出てきた六元鏡光はなかなか好きなキャラでした。2018/03/26

ひぬ

21
少しずつ世界の謎が明かされていくシリーズ第3巻。主天アルフレイヤをエルフの巫女・レーレーンとの共闘の上で討ち果たしたカイ達。次なる目標、聖霊族が支配するユールン連邦へと向かう彼らですが、そこでベヒーモスに襲撃されてしまいます。コードホルダーの謎も明かされ、ある程度の伏線回収がされた今回でしたが、またさらなる問題も現れ、謎は深まるばかりです。シドとは一体何者なのでしょうか。話のスケールがさらに大きくなり、他の種族の持つ力が明らかになるにつれて、人間が彼ら相手に未だ生き残っているのが本当に奇跡でしかないです。2021/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12608620

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。