MF文庫J<br> ぼくたちのリメイク〈3〉共通ルート終了のお知らせ

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
ぼくたちのリメイク〈3〉共通ルート終了のお知らせ

  • ウェブストアに79冊在庫がございます。(2021年10月18日 07時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040695532
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

いま何かを頑張っているあなたの為にある青春リメイクストーリー、第3弾!同居人同回生の貫之を退学にさせないため同人ノベルゲーム制作をすることになったチームきたやま。そして奇しくも十年後の自分と向き合うことになった僕、橋場恭也。ケーコさんの協力を得ながら、制作の立場として未来の有名クリエイターたちの指揮を執ることに。僕は未来で何度も見てきた。才能あふれる人たちが、何かしらの理由で去っていくのを。今回ばかりは絶対に失敗しない。突然の訪問者、貫之の婚約者も交え、ゲーム制作を進めていくうちに少しずつ、僕らの関係も変わっていって―――。いま何かを頑張っているあなたの為にある青春リメイクストーリー、分岐点の第3巻。

「本当に、これで良かったん?」

木緒 なち[キオ ナチ]
著・文・その他

えれっと[エレット]
イラスト

内容説明

同居人同回生の貫之を退学にさせないため同人ノベルゲーム制作をすることになったチームきたやま。そして奇しくも十年後の自分と向き合うことになった僕、橋場恭也。ケーコさんの協力を得ながら、制作の立場として未来の有名クリエイターたちの指揮を取ることに。僕は未来で何度も見てきた。才能あふれる人たちが、何かしらの理由で去っていくのを。今回ばかりは絶対に失敗しない。突然の訪問者、貫之の婚約者も交え、ゲーム制作を進めていくうちに少しずつ、僕らの関係も変わっていって―。いま何かを頑張っているあなたの為にある青春リメイクストーリー、分岐点の第3巻。

著者等紹介

木緒なち[キオナチ]
大阪生まれ福岡育ち。作家兼グラフィックデザイナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

47
貫之の退学を防ぐため、チームきたやまが同人ゲーム作りに挑む第三弾。どうせラブコメ的にどっちかでしょ?みたいな安易な気持ちで読んでたら完全に意表を突かれました。予想してた展開とは全く違うどころか、終盤のあの展開から更にあんな事になるとか、怒涛の展開にも程があるでしょ。もうあまりにも凄過ぎて興奮が止まりませんでした。青春をリメイクするってのはそういう事だったのか。失敗しない為とはいえ、違和感を放置、妥協を重ねた結果があのエンディングってのが抉ってくるよなぁ。こっからの展開に目が離せません。めっちゃ楽しみです。2017/11/24

よっち

46
貫之を退学にさせないため同人ゲーム制作を目指すチームきたやま。貫之の婚約者さゆりの訪問もありも、ゲーム制作を進めていくうちに少しずつ彼らの関係も変わっていく第三弾。期間内にゲームを完成させることを目標とした恭也が悩むシノアキ・ナナコとの距離感。思うように進まない状況の中で各人が見出す違和感と、目標を優先すべく恭也が下した決断がもたらしたその代償。目的を考えればなかなか厳しい結末に感じましたけど、一方で鍵を握りそうないくつもの示唆もあったりで、むしろここからが物語としても本番なんですかね。続巻が楽しみです。2017/11/23

わたー

39
★★★★★久しぶりに背筋がゾクゾクするような読書体験を味あわせて貰った。憧れのクリエイターたちと送る青春やり直し系物語。貫之の学費のために恭也が選択したのは、1周目世界で辛酸を嘗め尽くしたゲーム制作。憧れのクリエイターと1周目での経験から、なんとか1つの作品として完成するも、待ち受けるのは妥協を続けた結果というBADEND。最後の演出とあわせて、そうくるのかと興奮しっぱなしだった。1巻のころから思っていた、恭也の過去干渉についてもキチンと回収しつつ、タイトル通りな共通ルートの終わりまでを描く。素晴らしい。2017/11/25

オセロ

37
再読 ひょんなことから出会った有名同人ゲームクリエイターのケーコさんの力を借りて貫之の学費を稼ぐ為に、同人ゲームを作ることに。 恭也は10年前にゲームを作ったことがあるとはいえ、初めてゲームを作る貫之、ナナコ、シノアキの反応は面白かったですね。 そして肝心の同人ゲーム作りは妥協を繰り返しながら完成し、売り上げも満足いくものでしたが、待っていた結末は残酷なもので。再び未来に戻った恭也は果たしてどうするのか。2021/08/17

真白優樹

28
貫之の退学を阻止する為、同人ゲーム制作に挑む今巻。―――知る世界が違う歩みが、戻れぬ変革を引き起こす。知っている世界が違う、見てきた世界が違う。それに気づかず皆を導いた先、待っていたのは未来の才能の消失。そう、恭也はこの世界の異分子だ。そして青春時代の子供じゃない、大人なのだ。自らの未来は確かに変わった、だけどそれは有償だ。彼の行いが世界に戻れぬ変化を起こした。それは同じ歴史という共通ルートが閉じられたという事。始まる、誰も知らぬ新たな歴史。そこで隣にいたのは彼女、そして子供。これが代償を手に掴んだ幸せ。2017/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12424016

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。