MF文庫J<br> 偽りの英雄が英雄エルフちゃんを守ります!―崖っぷちから始める世界寿命の延ばし方〈Step3〉

個数:
電子版価格 ¥319
  • 電書あり

MF文庫J
偽りの英雄が英雄エルフちゃんを守ります!―崖っぷちから始める世界寿命の延ばし方〈Step3〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040692814
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

世界が、英雄の目覚めを待っている―――。人と獣の激闘は続いていた。未だ意識を取り戻さない英雄、フィオに代わって偽りの希望となった弟子のウェズリーはキリエ達と共に奔走するが〈黙示録の獣〉の圧倒的な成長力に為す術もなく蹂躙されていく。獣の進化により突如、出現した大樹の振り撒く瘴気の影響で、人類滅亡までに残されたリミットは僅か三日間に。憔悴していくウェズリーのため、ソーニャは決戦に向けてある行動を開始する。そんななか、眠り続けているフィオは。「わたしがいるべきなのは、辛くて残酷な世界だから。そこがどんなに辛くても、ヒューイット様が守った世界だから」「その身に刻め、獣。おまえたちの憎悪なんかに屈しない、人間の力だ」――世界が英雄の目覚めを待っている。

秋月 煌介[アキツキ コウスケ]
著・文・その他

水鏡 まみず[ミカガミ マミズ]
イラスト

内容説明

人と獣の激闘は続いていた。未だ意識を取り戻さない英雄、フィオに代わって偽りの希望となった弟子のウェズリーはキリエ達と共に奔走するが“黙示録の獣”の圧倒的な成長力に為す術もなく蹂躙されていく。獣の進化により突如、出現した大樹の振り撒く瘴気の影響で、人類滅亡までに残されたリミットは僅か三日間に。憔悴していくウェズリーのため、ソーニャは決戦に向けてある行動を開始する。そんななか、眠り続けているフィオは。「わたしがいるべきなのは、辛くて残酷な世界だから。そこがどんなに辛くても、ヒューイット様が守った世界だから」「その身に刻め、獣。おまえたちの憎悪なんかに屈しない、人間の力だ」―世界が英雄の目覚めを待っている。

著者等紹介

秋月煌介[アキツキコウスケ]
『天牢都市“セフィロト”』で第11回MF文庫J新人賞佳作を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

621@リハビリ

18
1冊1冊で過去の展開とはまるで違う物語を描いてくれる作品。長く続いて欲しい作品です。3冊分のまとめ記事も書きました。 http://ur0.work/HOrO2017/12/31

真白優樹

7
フィオが目を覚まさぬ中、偽りの英雄になったウェズリーが三日間のリミットの中で仲間達と共に奔走する今巻。―――今この時のみの英雄として、そして誰もが英雄として。誰もが自分に出来る事、自分のすべき事に命がけで取り組み、全員が輝きを放つ小さな英雄として戦う今巻は、英雄不在の中、最終決戦へと否応なくもつれ込む世界の中、フィオの弟子達が中心となり死闘を繰り広げ、弟子達に手を引かれ舞い戻ったフィオが締める、心を焦がし、色々な意味で胸が熱くなる熱量に溢れた巻である。一先ずの決着、この先とは。 次巻も楽しみである。2017/08/28

リク

5
英雄に憧れるちっぽけな凡人の、世界の悪意に対するあがき。フィオが昏睡状態のまま絶望のカウントダウンが始まる。滅亡を前に英雄という支えまで失った人類を救うために、ウェズリーは偽りの英雄になる。ウェズリーの行動で、空っぽの少女だったキリエが道を見つけ、守られるだけだったソーニャが決意した。自ら率先して動き、その姿に周りが影響される。始まりは偽りだろうと、師の代わりに立ち上がった彼は紛れもなく英雄だった。2017/08/29

星葉

4
絶体絶命の最終決戦、雰囲気の描写は結構うまくできたと思う。全体としての王道路線で完結巻としても申し分なし。ただやっぱり最後気になる一文あり…そして水鏡先生の「このおっぱいで英雄とか無理でしょう」、でしょうねw2021/10/05

じょーかー

2
死力を尽くした総力戦で辛くも勝利という展開嫌いじゃない。これで完結してしまうのかな、もうちょっと楽しみたいシリーズなのだが。2018/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12148714

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。