MF文庫J<br> 魔術楽譜(グリモワール)の盾〈2〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
魔術楽譜(グリモワール)の盾〈2〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 263p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040676890
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

第四書架で綾の手伝いをすることになった春樹の下に、綾の友人であり中央図書館の司書、アリスが訪れる。そしてまた今回も、魔術楽譜を巡る事件に巻き込まれることになり……。

内容説明

第四書架の司書、御篝綾の仕事の手伝いをすることになった朋瀬春樹。そこへ、綾の友人であり中央図書館の司書でもある魔術師、アリスとリオナの兄レオンが訪れてきた。目的は封印が解けない魔術楽譜の暗号解読、そして春樹が栞の所有者として相応しいかどうかのテストをすることだった。一方、リオナはとある事件をきっかけに、魔術のスランプに陥ってしまい…。翅を広げることを恐れた魔術師と、それを巡る奏鳴曲―。

著者等紹介

花間燈[ハナマトモ]
第9回MF文庫Jライトノベル新人賞にて佳作を受賞。1990年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

30
第四書架仕事の手伝いをすることになった春樹の元へ中央図書館の司書でもある魔術師、アリスとリオナの兄レオンが訪れる…な話。今回も温かく、優しい雰囲気に仕上がっていて読んでいてほっこりした気持ちになりました。アリスとレオンの恋模様、そしてリオナの春樹に対する心境の変化をしっかり描いてくれているので甘さも申し分なし。戦闘描写が弱いのは相変わらずでしたが、日常シーンは良かったので充分満足できました。春樹,リオナ,綾,3人の恋模様がどうなるのか気になるので続きが読みたいところですが、あとがきを見る限り望み薄だな…2015/06/26

ツバサ

11
1巻だけじゃなく2巻も面白かったと思ってあとがきで最終巻と知ってショックです…… この作品の雰囲気がとても好きで気に入ってたので2巻で終わって欲しくなかったです。花間先生の次回作期待してます。2015/07/04

サキイカスルメ

10
ふぇぇ、終わっちゃった……。綾の手伝いをする春樹の元へ、リオナの兄レオンと見た目幼女な魔術師アリスがやってくる2巻。リオナメインでした。恋愛面だとレオンとアリスメインですけどね。レオンを一途に想うアリスが健気でした。報われてよかった。春樹達はこれからという感じですし好きだったので、残念です。次回作を楽しみにしましょう。2015/08/04

水無月冬弥

9
花間燈先生(@tomo_hanama)の #ラノベ えー、これで完結なの! と思った2巻でした。派手さはないものの丁寧なお話でよかったのに、これらからリオナのターンなのに……残念だなあ2015/07/05

ひのえ

8
面白かった。一巻の感じはそのままに、糖度が増した。しかしこれが最終巻というのが惜しいな。アリスとレオン、いい感じのカップルが出たというのに、せめてもっとイチャイチャしてから終わりなさいよ。……っていうか、終わり方が打ち切り臭がするんですがMFさん?2015/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9767940

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。