MFブックス<br> ライオットグラスパー―異世界でスキル盗ってます〈4〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

MFブックス
ライオットグラスパー―異世界でスキル盗ってます〈4〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 308p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040676654
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

異世界イーリスへと転生し、手に入れたチートスキル“盗賊の神技(ライオットグラスパー)”を磨きながら生活するセイジ。離れ離れになった獣人の少女・リムを追って、双子のレイ、レンと共にセイジはついに敵地スーヴェン帝国へ。目指すは東部のトグル地方…のはずが、手に入れた貴重な素材で新たな武器を作ったり、テイムスキルを使ってモンスターを仲間にしたり、とマイペースに脱線気味!?さらに近隣に出没した盗賊団に思わぬ場所で足止めをくらう。セイジは無事リムの元へとたどり着けるのか?異世界で100%の自分を目指すセイジの成長物語、第四幕!

著者等紹介

飛鳥けい[アスカケイ]
ネットに作品を公開すると、またたく間に評判となり2013年8月「MFブックス」から商業デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

eucalmelon

2
セイジの厨二的こだわりににやけてしまう。鎧は黒!暑くても涼しげに着こなすべし。でも、クロ子はどうかと思うが・・。 プリムはいったいどうなった?気になるー! 対ヌエ戦で雷を体感して、イメージを体得。やっぱり実際に感じてみないとねぇ。雷蛇衝(オロチ)かぁ・・・、サンダーブ〇イクでなくてよかった・・・・。2018/08/15

あねさ~act3 『積読ラノベ崩し時々それ以外月間』

0
何かイロイロ伏線になりそうな人が、いっぱい出て来たなぁ。 そろそろ名前が覚えられなくなって来た(*´∀`)♪ リムはまだ~。(*≧∀≦*)!!2017/09/26

fap

0
脳筋お一人様ご案内。 新しい相棒とともに一路エリンダルへ。 悪意に狙われるものの、力技で切り抜ける主人公一行。 強いけど強すぎず、見せ場では魅せてくれる。 パーティ合流&拡大の予感がしつつ、次の舞台は権謀渦巻く宮中劇か。 その場でいかにスキルを活用するか、楽しみである。2015/10/04

菊地

0
Web版未読。爽快感がイマイチ。2015/07/28

kei0037

0
★★★★☆2015/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9746269
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。