MF文庫J<br> 魔技科の剣士と召喚魔王(ヴァシレウス)〈9〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
魔技科の剣士と召喚魔王(ヴァシレウス)〈9〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月24日 03時32分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 325p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040676500
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

魔力回復までの間、一樹は仲間達とのデートに努める。その頃、伊露王レジーナとイリヤエリアは三種の神器を巡り、昼夜を徹する戦いを繰り広げていた。一方、新たな技を体得した鼎の剣は神域へと至る――! 激闘!!

内容説明

三種の神器争奪戦!一樹は魔力回復までの間、仲間達とのイチャイチャに努める。一樹は決戦に備え、まだ二人きりのデートをしたことがなくて不公平だと言う小雪とデートで好感度を上げることに。その頃、イタリアの王レジーナとロシアの王イリヤエリアは三種の神器“八尺瓊勾玉”を巡り、凄烈な戦いを繰り広げていた。東西戦は、日本の王は、秩序か、混沌か!?一方、新たな技を体得した鼎の剣速は遂に“神域”へと至る!そんな鼎の前に小さな黒猫が現れ、ある取引きを持ちかけてくるが―?激闘!!デュアルスクールバトル、ついに日本統一!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

METHIE

11
殆どエロ小説+母よあなたは強かった+とうとう王になる話。2015/07/23

真白優樹

8
仲間とデートしたりする中、義妹に謎の存在が近づく今巻。・・いちゃいちゃが天井知らずであるがもう何も言うまい。てか鼎は初っ端から好感度が天元突破、フルスロットルなのか・・・そしてバトルは一区切りの巻ということもあり大規模バトルが山盛りであり仲間のレベルアップもあり一樹が正式に王となる。・・・このレベルアップ、これから他の味方にも起こるんだろうか、いや起こるのだろうやっぱり。そしてそれをするためには・・・言わずもがなである、方法は。次回は国外らしいが更にヒロインが増えたりするんだろうか。 次巻も楽しみである。2015/06/26

晦夢

6
毎回言ってる気がするがエロすぎないか2016/05/20

Hail2U

6
ここに来てさらにエロくなるとか……作者(あなた)は神か? クライマックスにふさわしく、神器の探索と伊香斎との決着が濃厚なまでに描かれててドキドキしました。そしてそれ以上にアレが濃厚すぎてさらにドキドキしました。仕事後の疲れた身体で読んでいたのに一部が元気になっておっきしちゃったじゃねえか。隣の席の人に気づかれないよう鞄で隠したけど。このシリーズを電車で読むのは危険ですね。アクションとエロ二つの要素が高次元でまとまって最高にドキドキさせられました。10/10点 今回伊香斎可愛いな。ハーレム入りはいつですか?2015/06/30

HANA

5
三種の神器やら東西戦終結やら節目の話。そして今回のメインヒロインだと思われる鼎も新技を覚えてついでに主人公ハーレムに参戦。バトル部分はともかく段々好感度を上げるのが作業みたいに見えてきたんだけれど。半分近くちょっと読みづらい展開だったので今後どうしようかと思ってしまう。2015/08/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9767939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。