MF文庫J<br> 魔術楽譜(グリモワール)の盾

電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
魔術楽譜(グリモワール)の盾

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040674100
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

わたしの“書架”に、なってくれますか?―朋瀬春樹は桜の回廊で一人の少女と出会い、その日から彼の日常が色を変える。「わたしは栞。正式な題名は“摂理の盾”―神秘の否定を司る“魔術楽譜”です」その少女は決して観測されてはいけない存在、盾と名付けられた破戒の書物だった。魔力を有し魔術を奏でることができる魔術楽譜。これは、その本を閉じるための優しくも数奇な奏鳴曲。

著者等紹介

花間燈[ハナマトモ]
第9回MF文庫Jライトノベル新人賞にて佳作を受賞。1990年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

33
普通の人には見えないものが見える少年春樹が魔法の力が宿った魔術書「魔術楽譜」の少女に出会った事から始まる物語。うん、これは面白いです。敵にも事情があり、最後に救いがある事で胸が温かくなる読後感を味わう事が出来るのも非常にいい。優しさの中に切なさがあるこの作品の雰囲気が最大の魅力ですね。ヒロインもそれぞれ可愛らしく、穏やかな日常シーンには癒されました。また生煮えさんのイラストもこの作品の雰囲気に合っており非常に良かった。次巻が楽しみなシリーズです。2015/02/27

サキイカスルメ

16
この感じなら少女マンガっぽいのも大歓迎ですよ?不思議なものが見える高校生春樹が変わった迷子を拾って保護したことから始まるお話。面白かったです。栞が可愛い、綾も可愛い、リオナ可愛いとヒロイン達がいい子達ばかりで和みました。特に栞が可愛かったですね。主人公春樹も、女の子を守るために頑張る男の子でよかったです。お話も救いのある優しい雰囲気が好きでした。未穂さんのところは泣きそうになりましたね。敵側の事情もちゃんと語られていたのも好印象です。続きも読みたいです。2015/03/05

晦夢

10
特殊なモノが見えてしまう目を持つ春樹が出会ったのは摂理の盾と呼ばれる魔術楽譜の少女。彼女の書架となりひ日常へと足を踏み入れる。途中で途中で少し短編的なの入ってきたと思えば案の定繋がってた。悲しくも美しい作品。綾が可愛い。2015/06/13

水無月冬弥

10
花間燈先生(@tomo_hanama)の #ラノベ 現代異能バトルでわりと主人公が熱血だったりするけど、登場人物に悪人がいないせいか、すごく綺麗でおだやかな物語だった。ハーレム展開になりそうなのにならないのもびっくりだけど、なってしまうのは、確かにこの展開では無粋でしょうねえ 2015/03/02

葛野桂馬@時津風@ハスター

9
物語は王道ながら、独特の雰囲気が読む手を止めさせてくれなかった。こういう「本当は悪い人なんかいないのに」という展開は結構好み。ヒロインはまだまだ掘り下げが足りないけれどそれはこれからかな。続きが出るのが楽しみ。2015/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9387167

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。