MF文庫J<br> 学戦都市アスタリスク〈01〉姫焔邂逅

個数:

MF文庫J
学戦都市アスタリスク〈01〉姫焔邂逅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月02日 19時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判
  • 商品コード 9784040666976
  • Cコード C0193

内容説明

水上学園都市“六花”。通称アスタリスクと呼ばれるこの都市は、世界最大の総合バトルエンターテイメント“星武祭”の舞台として名を馳せている。六つの学園に所属する“星脈世代”の少年少女が、煌式武装を手に己が願いをかけて覇を競う―天霧綾斗もそんな学生の一人。星導館学園の生徒会長クローディアの誘いを受けて六花を訪れた綾斗は、転校早々“華焔の魔女”ユリスの怒りを買い、決闘をすることになってしまう。「大人しくしていればウェルダンくらいの焼き加減で勘弁してやるぞ?」「…それは中までしっかり火を通す気満々ってことだよね?」ところが決闘の最中、ユリスを狙う凶弾が放たれ―?最高峰の学園バトルエンタメ、ここに開演。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぺぱごじら

9
秋のアニメをぼさっと観ていて、一番面白そうだったので原作を追いかけることに。自分は『青春もの』『バトルもの』が大好きらしい(笑)。あと『背伸びする少年少女』とか大好物。というワケで登場人物たちの中ではクローディア生徒会長がお気に入りになった。戦闘システムや世界観は無理なく出来ていて、妙なインフレがなさそうなので、引き込まれて読了。2015-1632015/10/17

nineteen11

4
アニメから。kindleで一冊108円という激安。9巻までまとめて買ってしまいました。1巻はアニメ版4話の綾斗が封印された力の片鱗を見せ、ユリスを助け出すところまで。同系統の落第騎士とアニメ放映で比較されていますが、スポ根度では落第騎士でしょうが、主人公の俺Tueee度で言えばこっちが上かな?落第騎士の方は無い能力を掻き集めて最強だけど、こちらは元々最強。今後それがどういう風に解放されていくのか?周りのハーレム要員も魅力的。特にクローディア。2015/10/26

灰猫

3
キンドルで安売りしていたので、購入した本。何やら隕石が落ちてきて能力に目覚めるというどこかで聞いたような話。文章が妙に読みやすかった。主人公とヒロインの目的がはっきりしているのがいいと思う。謎の生徒会長のクローディアがいい味を出していた。アスタリスクという都市に、五学園くらい学校があるようで、大会で戦うのだろうけど今回はあまり登場しないようだ。幼馴染が登場しただけで、あまり絡まなかったり、設定がかなり、広げられていて閉じられていないため、続刊が前提なのがわかる。とりあえず、次の巻に期待かな。2016/05/31

ざっきー

3
アニメが気に入ったので、原作も読んでみました。アニメは原作通りにしっかりと描写されていますね。原作を読んでみたらわかる細かいところもあるので、補完のためにちょうどよかったです。2015/11/14

天条 光

3
アニメ化ということで回収のために購入して読んでみましたが、とりわけ目新しいさはなく、本当に既存の人気な設定を打ち込んで再構築した、という印象の作品ですね。内容としては悪くないと個人的には思いますし、ユリス、クローディアなどのヒロインも魅力的な部分はちゃんとある。しかし、目新しさはない。まさに王道。だから、目新しさを求めているような方には少し物足りないかも知れませんね。2015/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8175856

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。