MF文庫J<br> 可愛ければ変態でも好きになってくれますか?〈7〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

MF文庫J
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?〈7〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月02日 20時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 267p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040655284
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

どうなる書道部!? 慧輝覚醒の新感覚変態湧いてくる系ラブコメ、第7巻!

内容説明

生徒会の命令により部費の使い込み分をみんなで稼ぐことになった書道部。そしてそんな時期にも拘わらず俺は紗雪先輩と些細なことで言い争い挙句、泣かせてしまった…。紗雪先輩のバイト失敗分を文化祭の出店で埋めるのだ!「みんなには、お金のためにエッチなメイド服を着てほしいんだ!」急遽、メイド喫茶を開くことになった俺たちはメイド服作り、メニュー開発、とそれぞれの準備に取りかかった。大丈夫、俺たちならきっとどうにかできるはず!どうにかこうにか、当日を迎えた俺たちだったが「慧輝先輩!お客さんがぜんぜんこないんですっ!」大躍進の新感覚変態湧いてくる系ラブコメ、混迷極めるVS生徒会編!

著者等紹介

花間燈[ハナマトモ]
第9回MF文庫Jライトノベル新人賞にて佳作を受賞。1990年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

23
紗雪先輩のバイト失敗分を埋める策は書道部によるメイド喫茶。絶対に負けられない文化祭が今始まるシリーズ第7弾。変態湧いてくるラブコメがまさかのアニメ化。次々と出てくる多種多様な変態美少女達を映像の方でも楽しむことが出来るなんて嬉しい限りだ。それはさておき内容の方だが、今回も安定したクオリティで楽しませてもらいました。書道部、生徒会とヒロインがいっぱいになったので一人一人の出番は少ないが、その少ない出番でもインパクト抜群な存在感を発揮は流石。まだまだ波乱は続きそうだし、アニメも原作も期待して待ちたいと思う。2019/02/26

不自他

11
やっぱり学園モノの文化祭は賑やかで楽しい。生徒会臨時役員の経験が活きて一皮むけた慧輝君の奮闘ぶりは今までで1番格好良かった。途中で復帰した紗雪先輩も大活躍する。今巻見せ場が多かったのは彩乃ちゃん(中盤)・愛梨ちゃん(終盤)かな。対して、真緒ちゃん・瑞葉ちゃんの見せ場は少なかった。次巻は遂に、あの人の詳細が明らかになりそう。2019/03/05

真白優樹

9
紗雪と仲直り出来ぬまま学園祭を迎える中、混迷深まり危機が訪れる今巻。―――変態ばかり、だけどそれでも大事な居場所。 紗雪との仲直り、そしてメイド喫茶で出店する学園祭。VS生徒会編後半戦、魔窟な日々を取り戻すべく慧輝が頑張る今巻。 生徒会、そして書道部。各所に変態が増殖し最早混迷以外の何物でもない、だけどそれが心地よい。そんな変態のごった煮感が更に深まる、笑えて楽しめる青春が面白い巻である。取り戻した居場所、だけどそこはやっぱり魔窟で。そんな中、投下された爆弾は慧輝に何を齎すのか。 次巻も須らく期待である。2019/02/26

niz001

8
文化祭でどっちかと言えば長瀬さん巻?オチの見えてる話が続く短編集みたいに感じる。あんた等アルコールに弱すぎや。2019/08/18

リク

8
アニメ化おめでとうございます! 今回は紗雪先輩とケンカのちの学園祭。慧輝の良いところは一生懸命なところだよなぁと改めて思った。変態たちの性癖に振り回されながら、何だかんだと向き合ってくれる。本人たちも自分の変態な面に悩んでいるであろう中、慧輝のように真正面から受け止めてくれるのは嬉しいだろうな。書道部、生徒会とキャラが増えてきて一人あたりの尺が短くなってきたのはちと残念。でもそれぞれのターンではらしさがしっかりと出てる。ラストに爆弾投下で次巻どう爆発するのか楽しみ。2019/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13486073

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。