MF文庫J<br> ノーゲーム・ノーライフ〈11〉ゲーマー兄妹たちはカップルにならなきゃ出られないそうです

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

MF文庫J
ノーゲーム・ノーライフ〈11〉ゲーマー兄妹たちはカップルにならなきゃ出られないそうです

  • ウェブストアに62冊在庫がございます。(2022年07月04日 15時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 377p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040653822
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】――突如、見知らぬ部屋で目覚めた空と白、ステフとジブリール、イミルアイン。前後の記憶さえなく混乱する彼らの前に現れたのは、位階序列・第九位『妖精種』フォエニクラムだった――!
「はぁいみんな!! あたい個人配信企画!! 『カップルにならなきゃ永遠に出られない空間』お送りしていくのだわ★」
唐突に始まる異世界ネットライブ配信! 果たして空は世界の運命に打ち勝ち、四人のヒロイン達から彼女をつくれ――「いやこれ百合カップル二組爆誕して俺ぼっちになる展開じゃん!?」
約束されし敗北に慟哭する空! そして白達の恋は!? 大人気異世界ファンタジー、第11弾!!

内容説明

ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―突如、見知らぬ部屋で目覚めた空と白、ステフとジブリール、イミルアイン。前後の記憶さえなく混乱する彼らの前に現れたのは、位階序列・第九位『妖精種』フォエニクラムだった―!「はぁいみんな!!あたい個人配信企画!!『カップルにならなきゃ永遠に出られない空間』お送りしていくのだわ」唐突に始まる異世界ネットライブ配信!果たして空は世界の運命に打ち勝ち、四人のヒロイン達から彼女をつくれ―「いやこれ百合カップル二組爆誕して俺ぼっちになる展開じゃん!?」約束されし敗北に慟哭する空!そして白達の恋は!?大人気異世界ファンタジー、第11弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたー

19
★★★★★3年半の時を超えての待望の新刊。今回は「 」を含む5人が、カップルにならないと出られない空間に閉じ込められる、生殺与奪の権をガッツリ他人に握られているところからスタートという絶望的な状況からスタート。何故このような状況に陥ったのかを紐解きつつ、ゲームを思いっきり楽しむ姿はいつもの彼ららしくて良かった。また、神霊種とのゲームのような読者置いてけぼりの荒唐無稽さが鳴りを潜めており、シリーズ序盤のようなハッタリを駆使しつつも腑に落ちる展開だったのも、ノゲノラが帰ってきたように思えて非常に良かった。2021/11/29

おりぜる@論文終わるまで読書可能時間激減

13
3年半ぶり!いろいろ忘れてたので、最初の方から読み直した。物語も佳境に入ったようなので続きが楽しみ。作者さんの体調も回復してきたようなので、今後は長く待つこともなくなりそう(希望的で観測)で良かった。2021/12/22

琥珀色のピクルス

13
もう続き読めないと思ってたから嬉しいのだわ✩ 読者が今までの内容忘れてるのを考慮した設定が天才だわ 新しいボスキャラ?も出てきたし、次回も楽しみ!2021/12/09

椎名

12
三年半ぶりの新刊。読者が前回までの内容を全く覚えていないだろうからと、キャラたちも全員自分がどうしてこのゲームに参加しているのかわからない状態から始まるというのは天才的発想じゃないでしょうか。確かにこれならすらすら読めるし、展開的には重くても記憶がないため軽いノリで進んでいくので入りやすい。久しぶりにノゲノラを楽しめた気分。大暴走する白も可愛かった。2021/12/12

かっぱ

12
久方ぶりのシリーズ11弾。実に三年半ぶりに届ける新刊はノゲノラを思い出させるような一冊だった。見知らぬ部屋で目覚めた五人が恋人にならないと出られない空間に閉じ込められているという難易度の高い幕開けは読み応えがあったし、しっかりと続きへの期待を持たせた物語展開を前にするとおかえりと言いたくなってしまう。ただやっぱり個人的に忘れてしまってる部分であったり定かでない箇所が散見されたのでこれを機にまた読み直してみるのもアリかのう2021/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18840811

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。