MF文庫J<br> 今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。〈2〉先輩、ふたりで楽しい思い出つくりましょう!

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

MF文庫J
今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。〈2〉先輩、ふたりで楽しい思い出つくりましょう!

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月23日 15時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040645957
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

天ヶ瀬まなつ。同じ学校の一年生で、灯火のクラスメイトでもある。読モとしても有名な、天真爛漫な正統派美少女。そして「うちの高校で彼女にしたい後輩No.1」でもある。
そんな学校の人気者である彼女と、学校の不人気者である僕は恋人同士というわけだ。つくづく幸せ者だな。
「いおりん先輩! 今日も私と楽しい思い出作りましょう!」
つまり僕だけが知っている。いつも明るく振る舞う彼女がふとした瞬間に見せる儚げな表情や、少し油断してぼーっとしている瞬間を。望まれる「美少女」を演じているが故に、僕にしか見せない素の彼女の魅力を。
けれど――今の僕は、何か大事なことを忘れてないだろうか?

内容説明

天ヶ瀬まなつ。同じ学校の一年生で、灯火のクラスメイトでもある。読モとしても有名な、天真爛漫な正統派美少女。そして「うちの高校で彼女にしたい後輩No.1」でもある。そんな学校の人気者である彼女と、学校の不人気者である僕は恋人同士というわけだ。つくづく幸せ者だな。「いおりん先輩!今日も私と楽しい思い出作りましょう!」つまり僕だけが知っている。いつも明るく振る舞う彼女がふとした瞬間に見せる儚げな表情や、少し油断してぼーっとしている瞬間を。望まれる「美少女」を演じているが故に、僕にしか見せない素の彼女の魅力を。けれど―今の僕は、何か大事なことを忘れてないだろうか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

42
困難を乗り越えて灯火と一緒に登校する伊織の前に突如現れた、恋人で灯火のクラスメイト・天ヶ瀬まなつ。突如現れた彼女の存在に困惑を隠せない灯火を差し置いて、まなつの真意に迫る第二弾。冒頭から何が起こったのかよく分からない衝撃の展開でしたけど、徐々に素の表情を見せて過去も明らかになってゆくまなつもまた強烈なインパクトがあって、なんかいろいろ裏がありそうですけど、気が付くと無自覚なまま女の子を助けてフラグを立てまくっている伊織の業の深さを思うと、灯火の心穏やかならぬ日々はまだまだ続きそうですね…またですか(苦笑)2020/06/24

わたー

28
★★★★★前巻ラストで灯火ちゃんが報われて、その翌日に別の後輩ちゃんが彼女になるとか、星の涙先輩いい加減にしろよという展開から始まる2巻。視点人物の認識をいきなり汚染して、灯火ちゃんを泣かせる展開にするとか、彼女の扱いをよくわかってらっしゃる。今回ヒロインのまなつも、一癖も二癖もあるキャラで、読み終わる頃にはすっかり彼女に入れ込んでしまった。次巻も手強そうな相手になりそうで、今から期待が高まる。2020/08/25

まっさん

28
★★★☆ 一巻発売後にカクヨムで冒頭部分を先行掲載していたために序盤の展開は知っていたが、思いのほか彼女の洗脳を解くまでが早すぎて若干拍子抜けしてしまったものの、今巻から新たに登場するヒロイン・まなつが予測以上に良いキャラクターで良かったと思う。終盤の展開で一気にヒロインレースをまくってきた印象だけど、ここからどのように話を展開していくのか。一巻で圧倒的メインヒロインポジに収まったかに思われた灯火が終始圧倒されていた分、ここからまなつがどこまで善戦するか今から楽しみ。最後の最後にまたもや不穏な終わり方→2020/07/23

げんごろう

22
コメディ担当?の風前の灯火ちゃんのポンコツさに癒されるも、今巻はなんと言っても新ヒロインまなつですね。 明るい表情の裏側に抱く願い。 伊織へ強い想いとその健気な様子に心をうたれました。読む前と読了後では表紙の印象も変わりますね。 今巻も大満足です! 2020/07/11

やもり

17
ラブコメの皮を被ったホラー小説の2巻。面白いけど1巻のほうがいいと思う。鈍感系主人公ここに極まれり。2021/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15895376

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。